3つのNOT(ノット)の読まない壁!読みたくなるブログ文章の書き方

Pocket

こんにちは。

はじめてのコピーライティング 小比井 雷太です。

ブログに文章をいっぱい書いても、記事を投稿してもなかなかPVが上がらない。これは、ネットの検索ユーザーやあなたのブログの読者に3つのNOT(3つのノット)があるからです。この3つのNOT(3つのノット)の読まない壁を超えるにはちょっとしたコツが必要。

読まれるブログを書くには、読みたくなるブログを書けばいい。読みたくなる文章の書き方を使えばいい。読みたくなるブログ文章の書き方はこちらにあります。

もしあなたが、読みたくなるブログの書き方を求めているなら、このさきへどうぞ。

 

3つのNOT(3つのノット)とは

 

文章を読む読者はなかなか読んでくれません。それは読む側に3つのNOT(3つのノット)があるからです。3つのNOT(3つのノット)とは次の3つ。

  • Not Read(読まない)
  • Not Beleive(信じない)
  • Not Act(行動しない)

これは今に始まったことではなく、昔から、活字は読まれないものとして存在していたようです。特に、広告はほとんど読まれずに、闇から闇に葬られる運命。あなたも、ポストに投函された広告やメールに入ってきた広告はほとんど読まずにゴミ箱行きですよね。

 

Not Read(読まない)

 

3つのNOT(ノット)の最初のNOT(ノット)、Not Read(読まない)

一歩Webの海に繰り出せば、ブログの渦。右を見ても左を見てもブログが検索されないことはありません。日曜大工をしようと「のこぎり」を検索したら、のこぎりの使い方とか、切断に最適なのこぎりとか、ブログにすぐぶつかります。

このように大量にあるブログですが、あなたは、検索して今日出逢ったブログ、すべて覚えていますか?おそらくほとんど覚えていないでしょう。これが3つのNOTのうちのNot Read(読まない壁)です。情報が多すぎると処理しきれない情報を排除するのが人間なのです。

 

実は、3つのNOT(ノット)のうちの一つNot Read、読まない壁は、大きく3つに分けられます。その3つとは次の通りです。

  1. 検索画面に表示されないからクリックしてもらえない。
     → PVに現れない数字になります。
  2. 検索画面でクリックしてくれないから読まれない。
     → これもPVにも表れないパターンですね。
  3. 検索時にクリックされてブログに立ち寄ってくれたけれどもすぐ離脱される。
     → これはPVは上がるのですが、同時に直帰率も上げてしまいます。

 

まず、検索ユーザーは自分の知りたいことをグーグルやヤフーの検索窓に入力し検索をかけます。その時の検索ワードがあなたのブログのタイトルやディスクリプション(説明文)になければ、検索結果にも現れず、あなたのブログ記事はネットの海に沈んだままです。

仮に検索ユーザーの問いかけに見事にヒットしてもあなたのブログパワーが少なかったり記事内容がタイトルと違ったりすると、上位表示されず、やっぱりネットの海に沈んだままです。検索ユーザーがクリックする記事は1ページ目に表示される上位10記事のうちから選ぶので、10位以内に入らなければ、あなたのブログは表に出てこないのです。

 

かりに、10位以内に入ったとしても次の検索ユーザーからの試練が待っています。検索ユーザーは検索画面にざっと目を通す、その時に検索ユーザーは読んでいるつもりでも検索画面をスクロールさせて眺めているだけです。

検索画面で得られる情報は、題名と概要説明のディスクリプションだけですよね。そこに検索ユーザーのアンテナに引っかかる情報がなければ、クリックはされません。クリックさえしてくれれば、読まれない壁を乗り越え、読まれるブログになり、ブログPVが上がると良いことづくめなのですが。

検索ユーザーがあなたのブログを読まない理由は一つだけ。それは、検索ユーザーがあなたのブログに興味を感じないから上位表示されないし、仮に表示されてもクリックされず読まれないのです。

 

Not Believe(信じない)

 

3つのNOT(ノット)の次のNot Beleiveとは信じないこと。そもそも検索しあなたのブログをクリックした時、検索ユーザーはなんとなく自分の質問に答えてくれそうだと期待を持っているものの、全面的に信用してるわけではありません。

ざっと中身を斜め読みし、自分の欲しい記事を探します。ざっとブログ記事の中をスキャンした後、興味があれば、読みますが、興味がなければそのまま離脱。あなたのブログへのユーザーのあなたのサイトへの滞留時間はゼロカウントとなります。(参考:滞在時間を伸ばしてサイト上位表示させる方法

 

それは検索ユーザーがあなたを信じていない(Not Believe)からです。あなたやあなたのブログの信用度が高ければ高いほど、中身をしっかり読んでくれます。読みたくなる文章の書き方をすればいいのです。

 

Not Act(行動しない)

 

 

3つのNOT(ノット)の最後、Not Actは、立ち寄ってくれた検索ユーザーは行動しないということ。ホメオスタシス、恒常性の原理が働いて決断をしないのです。コンフォートゾーンから抜け出そうとしないのです。

読まないこと(Not Read)も行動しない(Not Act)という大きな枠に含まれますが、この3つのNOT(ノット)で言われる行動しない(Not Act)というのは、ブログの最後の締めの部分、クロージングに関わる部分です。お客さんになるはずの見込み客はお金を失う恐怖も相まって、本当に行動しようとしない。今ある自分が安全であると考えているから、だから動こうとしないのです。

 

どういうことかというと、人間が動くことにも大きなエネルギーがいります。運動するときはもちろん、勉強していてもエネルギーを使うし、机の上で仕事をしていてもエネルギーを消費し、疲れていきます。人がいろいろ考え、その結果、決断するということは、膨大なエネルギが-必要なのです。

あなたの人生は決断の連続です。今のあなたが画面に現れるこの文字を見ているのも、ご飯を食べるのも、夜寝る時間を決めるのも、恋人に会うのも、全てあなたの決断。その決断にはエネルギーが必要です。

その商品が欲しいのかどうか、必要なのかどうか、商品を得たその先の未来はどうなるのか、商品のリスクはあるのか、そのほか多くの検討事項を乗り越えた上での「買う」という膨大なエネルギーを消費する行為です。その買うという行動する行為には膨大なエネルギーが必要だから、エネルギーを使いたくない、楽をしたいがために、エネルギーを使わない「行動しない(Not Act)」を選択するのです。

 

また、人間が、動くことは失敗するリスクを含みます。特に、初めてのことや、よくわからないことなど、失敗してすべてを失うこともあります。人が失うことに対する感情の強さは、得ることに対する喜びの感情の強さの2倍以上の強さがあります。

つまり、得る喜びよりも失う恐怖の方が2倍以上強いのです。だから、検索ユーザーや見込み客は、失うリスクと得るメリットを比較して検討した結果、その危険性を大きく感じることで、得ることもないが失うことない「動かない(Not Act)」という選択をします。

 

読まない壁を乗り越える!読みたくなるブログ、文章の書き方

 

3つのNOT(ノット)の一番最初の壁は読まない壁(Not Read)でしょう。なぜなら、あなたのブログを読んでもらってこそ次のNot believe、Not Actが生まれるからです。

それでは、3つのNot(ノット)の読まない壁を乗り越えるにはどのようにしたらいいのでしょうか。結論から言うと、検索ユーザーがクリックして読みたくなるブログや文章の書き方をあなたが身につければいいのです。それでは、読むまでの段階を三つに分けて説明しましょう。

 

検索ユーザーが入力するキーワードを選定する

 

検索ユーザーは疑問を解決したくて検索します。つまり検索ワードは悩みの種。その悩みの種を解決するキーワードを選定します。

このキーワードはあなたが書きたい記事の要約です。一番メインになるキーワードを持ってきましょう。

そして、一番大きな課題が、キーワード自体が検索されることなので、キーワードの検索ボリュームがあることを確認します。これは、グーグルのキーワードプランナーやaramakijyakeが教えてくれます。使い方は、検索ワードを入れてenterキーを押すだけ。簡単ですよね。キーワード選定にもちょっとしたコツがあるのですが、それは別記事で紹介しましょう。

 

あなたのブログを検索上位に表示させる

 

あなたのブログを検索上位に表示させることができなければ、クリックしてもらえません。いつまでもあなたのブログは、ネットの海に埋没したままです。

だから、検索上位、少なくとも10位以内に表示されるブログを書きましょう。この上位表示させる方法は、結論から言うと、SEO対策、特にSEOを気にしながらブログを書く、SEOライティングをすることです。なぜなら、SEOライティングは検索上位に記事を載せてもらうブログ、文章の書き方だから。

 

SEOライティングとは、グーグルやヤフーに好かれる文章を書いて上位表示させるグーグルに読まれるブログ、文章の書き方です。上位表示させるブログ、文章の書き方は下の記事を参考にしてくださいね。

(参考:SEOライティングとは!ブログ初心者が勉強する前に知るべきこと
(参考:SEOライティングとは!ブログ初心者が勉強するべきルールとコツ

 

SEOライティング、やりだすとこまかいところもあるのですが、大きなポイントは、記事全体に一貫性を持つこと。具体的には、タイトル、説明文、冒頭文、見出し、ブログ記事の文章全てにキーワードをちりばめて一貫性を出すことです。

こうすることで、記事を書く時に暴走してまとまりのないブログ記事になったり、冒頭に書いたことと全く違った結論になったりすることを防止できます。つまり、読者が読みやすいブログ記事、文章にもつながるのです。

 

検索画面で興味のある内容を書く

 

見事にあなたのブログ記事が検索上位に入り、表示された時のために、タイトルと、ディスクリプションと呼ばれる説明文はキーワードで集まってくる検索ユーザーの興味を引く内容を書きましょう。ポイントは次の事項に気を付けることです。

  • タイトルにも説明文にもキーワードを盛り込むこと。
  • 検索ユーザーの質問に対する答えの要約であること。
  • 記事の内容の要約であること
  • クリックしたくなるような文章にすること
  • よくクリックされるタイトルの真似をすること
  • ブログ村、ブログランキングに登録する。

読まれるブログの特徴は、こちらにまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

(参考:読まれているブログの特徴を徹底解剖
(参考:ブログの閲覧0からの脱出方法

 

まとめ

 

3つのNOT(3つのノット)はブログを書く上で必ず訪れる乗り越えなければいけない壁です。多くの初心者ブロガーは、この3つのNOT(ノット)の読まれない壁(Not Read)を乗り越えられずに、挫折します。

ブログ運営に挫折しないためには、この、読まれない壁を乗り越えるには読まれるブログ、文章を書くことが必要です。特に、ブログの顔になるタイトル、ディスクリプションには気を配り3つのNOT(ノット)の壁を乗り越えましょう。

 

3つのNOT(ノット)のNot Readを乗り越えるためには、SEOライティングが必要不可欠になります。また、成果に繋げるためのコピーライティングも知っておく必要があります。

ですが、まずは、Not Read、読まれない壁を乗り越えることに専念。そこから始めて記事数を増やしていくのがブログ運営のセオリーです。

それでは、あなたのブログライティング生活、楽しんでいきましょう!

 

はじめてのコピーライティング 小比井 雷太

(参考:初めてのブログの書き方講座

 

追伸

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

普通の文章とコピーライティングのテクニックが詰まった文章。あなたが、文章を書く時、広告を書く時に、この違いを思い出したら、その広告の効果は倍増します。

その結果は、あなたの今後を大きく変えていくと言っても過言ではありません。道を知らずにWEBの森の中に突き進むより、知識を持って複雑怪奇な森に挑戦しましょう。ブログが乱立するネットの森を迷わず通り抜けるには、「知識を持つこと」、それが一番楽な道なのです。

 

ここまで読んでくれたあなたに最大級の無料プレゼント。コピーライティングのテクニックに埋め尽くされた私の師匠のLP(ランディングページ)をプレゼントします。スワイプファイルにするもよし、写経の原本にするもよし、そのまま講座を受けるのもよし。あなたの自由に使ってください。

 

最上級のコピーライティングのLPはこちら Sky’s The Limit

この私の師匠のLPで、大きく成長してくださいね。

 

<< ブログリンク >>

人気ブログランキングへ

ブログランキング ブログ村へ

Pocket

2 件のコメント

  • こんばんは、ブログランキングから来ました。
    記事を読み、自分のことのように思いました。
    又訪問しますね。
    応援ポチッと押しました。

  • yukko様

    ご訪問、応援、ありがとうございます。

    文章を書くあなたのために、コピーライティングのテクニックを伝えていきます。

    文章を書いてターゲットに想いを届ける仕事、一緒に楽しんでいきましょう!

     小比井 雷太

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です