ブログ初投稿!最初の記事の内容とそのタイトルの書き方。自己紹介は必要?

Pocket

こんにちは

はじめてのコピーライティング小比井 雷太です。

 

さて、ブログ初投稿をする時ってドキドキしますよね。最初の記事の内容ってどんなのがいいの?とか、そのタイトルの書き方どうしよう。とか、自己紹介は必要なのかなとか、迷ったり。

最初のブログを書く時は、ドキドキワクワク、不安と期待で胸いっぱいではないでしょうか。さて、そんなあなたに、初投稿する1記事目、最初の記事の内容とそのタイトルをどうすればいいか、お伝えしましょう。また、よくある自己紹介についてもどうすればいいか、その自己紹介を書くヒントもプレゼントしますね。

 

ブログ初投稿の前に考えておく3つのこと。

 

これから、あなたは、WEBの大海原にあなたのブログという船に乗って出航していくのですね。ブログ運営は山あり、谷あり、嵐あり、ですが、成功したら楽しいものです。

でもそんな楽しいブログにするためにも、あなたがブログ記事を初投稿する前にもう一度ブログ初投稿前に考えておく3つのことを確認してください。すでにブログをはじめる準備が整っている人も、もう一度だけ振り返ってみてください。

ブログを失敗しないための次の3つポイントがしっかりと定まっているか確認してみてください。

 

あなたのブログは雑記ブログ?それとも特化ブログ?

 

さて、これからブログに初投稿しようとしているあなたに質問。あなたのブログは雑記ブログにするのですか?それとも特化ブログ

雑記ブログとは日記を付ける感じで広く浅く記事を書いていくブログ、特化ブログは1つのジャンルを掘り下げて書いていくブログです。

 

ブログ収益を得るための攻め方はそれぞれ違うので、ブログの方向性をしっかりと決めてから、ブログを書き始めましょう。

その決めなくてはならない方向性を、簡単にザックリ説明しますね。雑記ブログは日々の出来事などを書いてグーグルアドセンスなどで収益化するブログで、特化ブログは収益化したい商品に特化した記事を書いていき、その記事に関連する商品で収益化するブログ。

 

雑記ブログは単価が低く、ファン化しても収益に結びつけにくいのですが、ファン化しやすく高額商品を売れるのが特化ブログです。

あなたのブログをどちらの路線で進めるのか、しっかり決めてからブログに記事を投入することが大切。決めずにブログをはじめると、方向性が定まらず、結局、集客できずにせっかく始めたブログを諦めるきっかけを作ってしまうのです。

 

あなたのブログ自体のジャンル、キーワードは決まっている?

どのようなブログにしろ、ジャンル、キーワードをブログ名、ブログ記事のタイトル、ブログの記事と、そろえておかなければなりません。そうしないと、グーグルで検索をかけた時にも、あなたのページが表示されないという最悪の結果になることも。

それを防ぎ、狙ったキーワードであなたのサイトを上位表示させるためにも、あなたのブログのジャンルとキーワードを決めてから、ブログの初投稿に臨みましょう

 

あなたがブログで集客する相手はどんな人?

あなたはこれから書くあなたのブログは、どんな人に読んでもらいたいですか?どんな人にあなたの言葉を伝えたいですか?そうやって、あなたのブログを読んでもらいたい人をあなたが決めて、ブログ上でその相手に語り掛けることが、ブログの基本的な記事の書き方です。

 

あなたのブログのジャンル、キーワードと結びつきの深い人はどんな人ですか?あなたが紹介する商品はどんな人が買ってくれそうですか?

そんなことを考えて、あなたのブログ、初投稿の記事で話しかける相手を決めましょう。その相手にあなたが話しかけることで、ブログ記事が書きあげられていきます。あなたが話しかける、その相手が、あなたのブログをしっかりと引っ張り上げてくれるのです。

 

最初の記事の内容

 

結論から言いますと、最初の記事の内容は、何でもいいのです。他の有名なブログを見ても最初の記事の内容は本当に様々。

まだ、ブログを書き始めたばかりだから、全く何を書いていいか、ブログに書くことがわからないかもしれません。でも、それでいいのです。

 

実は、ブログの書き方としては、最初のページ、つまり初投稿には何を書くか決まっていない。というか、最初のページはあなたのブログの奥底に埋まってしまうから、別に何を書いていてもいいんです。なぜなら、ほとんどの人は見に来ることがないからというのが本音。

少しだけ注意が必要な読者は、あなたに興味を持ってくれた読者と、あなたのサイトのライバル。あなたのサイトに立ち寄ってくれる人の中で著者であるあなたに興味を持ってくれた人と、あなたのブログのライバルになる人というこの二種類の読者は、あなたの一番最初の記事を見に来ます。

 

だから、初投稿はあなたの主張をガツンと入れるページにしておけばいい。そして、自分の紹介を軽く触れながら、あなたのブログで言いたいことを書いていけばOKです。

つまり、あなたのトップページはあなたのブログの要約版。だから、最初から完璧である必要はなく、あなたのブログが成長に伴って、追加、修正していけばいいのです。

 

タイトルの書き方

 

結論から言うと、タイトルの書き方は、その記事の内容の要約を書いていきます。パッと見てあなたのブログがどんなブログでどんな内容が書いているかわかるものがいいでしょう。

特に一番最初の投稿になる初投稿のページは、上でも書いたように、ドンドン追加修正していきます。だから、細かなタイトルを付けるよりも、あなたのブログの要約版としてのタイトルが最適です。

 

SEOライティングの観点から見ると、ブログの記事を修正しても検索順位への影響は少ないのですが、タイトルを修正すると検索順位に大きく影響しガクッと下がることがあります。

だから、ブログ記事を大量に投入した後でも、サイト訪問者が立ち寄る可能性が一番高い、初投稿のタイトルだけは、大上段に構えて、あなたのブログのキーワードを入れてブログ閉鎖まで変えないつもりのタイトルを作るようにしましょう。

(参考:初めてのブログの書き方講座!コピーライティング的ポイント10選

 

自己紹介の書き方

それでは今回のプレゼント、初投稿での自己紹介の書き方です。自己紹介の究極の書き方は、初投稿する記事の中の自己紹介は、ごく簡単にさらっとまとめること。なぜなら、あなたのブログの訪問者はあなたに興味があるのではなく、あなたが書いたことに興味があるから。

だから、本気であなたのことを知りたい人だけにあなたのことを伝えるのです。そんな本気な人にあなたのことを知ってもらうために、自己紹介は固定ページとサイドバナーに書けばいい。

 

あなたのブログを読んでくれた人は、さっとブログ全体を一瞥します。その時にあなたに興味を持った人が見つけられるように、サイドバナーで軽く自己紹介しておいて、自己紹介をしている固定ページにリンクを飛ばしておけばOK

 

そして、固定ページで書く自己紹介の書き方は、ストーリーテリングでガッツリ書くことをおすすめします。よくできた映画やドラマなどを見ていると、思わずストーリーに引き込まれますよね。

そんな読者を魅了する自己紹介の書き方、ストーリーテリングとは、神話テンプレートと呼ばれるヒーローズジャーニーというテンプレートで、ヒーローズジャーニーというストーリーテリングの手法。

こちらで詳しく紹介しているので、自己紹介を書く時に参考にしてみてくださいね。

(参考:ストーリーテリングで最強ブログへ!

 

まとめ

 

ブログ初投稿!そんなあなたが最初の記事を書く前に決めておくのは、ブログスタイルと、ジャンル・キーワード、ターゲット。そして、最初の記事の内容は、なんでもOK

ただし、そのタイトルの書き方はビシッと決めておくこと。最後に、自己紹介は最初の記事の中では、軽く触れておく程度。内部リンクで飛ばす、固定ページではストーリーテリングを使って、読者の気持ちをかっさらう気持ちで、あなたの自己紹介を書いていきましょう

 

それでは、引き続き、コピーライティング生活、楽しんでいきましょう!

 

はじめてのコピーライティング 小比井 雷太

(参考:初心者ライターのコピーライティングとは、これだ!

 

追伸

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

普通の文章とコピーライティングのテクニックが詰まった文章。あなたが、文章を書く時、広告を書く時に、この違いを思い出したら、その広告の効果は倍増します。

その結果は、あなたの今後を大きく変えていくと言っても過言ではありません。道を知らずにWEBの森の中に突き進むより、知識を持って複雑怪奇な森に挑戦しましょう。ブログが乱立するネットの森を迷わず通り抜けるには、「知識を持つこと」、それが一番楽な道なのです。

 

ここまで読んでくれたあなたに最大級の無料プレゼント。コピーライティングのテクニックに埋め尽くされた私の師匠のLP(ランディングページ)をプレゼントします。スワイプファイルにするもよし、写経の原本にするもよし、そのまま講座を受けるのもよし。あなたの自由に使ってください。

 

最大級のコピーライティングのLPはこちら Sky’s The Limit

この私の師匠のLPで、大きく成長してくださいね。

 

<< ブログリンク >>

あなたの一票が、はじめてのコピーライティングのネタの源です。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です