なぜ売れる広告の作り方がインパクトのあるチラシで集客するコツになるのか

Pocket

こんにちは。

はじめてのコピーライティング小比井 雷太です。

いきなりですが、冒頭から結論を行ってしまうと、実は、コピーライティングが、売れる広告の作り方。そのコピーライティングは、インパクトのあるチラシで集客するコツになるのです。このようなコピーライティングが、売れる広告の作り方になる、その理由をあなたは知っていますか?

 

多くの広告はコピーライティングという技法で書かれており、そのコピーライティングは、広告を書く方法。だから、売れる広告の作り方がコピーライティングなのです。

そのコピーライティングという売れる広告の作り方が基礎とする技術を見れば、それが分かります。それでは、そのコピーライティングの基本中の基本であって、広告を作るときに全精力の80%を費やす部分、優れた訴求の作り方についてお話ししましょう。

 

コピーライティングが売れる広告の作り方になる理由

 

コピーライティングが売れる広告の作り方になるって、本当でしょうか。それを確かめるにはまずコピーライティングについてお話しします。

コピーライティングとは、コピー(広告)を書くこと(ライティング)。つまり広告を書けば、それは立派なコピーライティングなのです。

 

ただし、広告という以上、お客さんにあなたの商品を買ってもらうことが必要。世間にあなたが作った広告を投げたら、商品や購入方法などのお問い合わせ、商品の購入予約、など、少なくとも広告した相手から何かしらのアウトプットが欲しいもの。

ですが、チラシのような広告を世間に撒いてもなかなか成果が上がったり、思ったより成果が上がらないものがあります。実は、この成果が上がったり、上がらなかったりするのには理由があるのです。その理由について話していきますね。

 

あなたはこの売れる広告になるか、売れない広告になるかその違いについてのこの理由を知っていますか?

実は、その理由は次の2つ。売りたい相手にしっかりと伝えたいことが伝わっているかどうか、と、商品が売りたい相手の欲しいものであることをしっかりと伝わっているかどうかということ。

 

つまり、「誰に、何を言うか」、が大切になるのです。だから、コピーライティングを行うコピーライターはこの、「誰に何を言うか」という部分を決めるのに、コピーライティングに必要な労力の80%を割きます。実はこの部分がとても大切な部分。

この大切な部分、優れた訴求について必要なものは見込み客が持っている欲望を満たしてあげること。つまり、次の章でお話しする、ベネフィットが大事なのです。

 

インパクトのあるチラシに必要なものはベネフィット

 

インパクトのあるチラシに必要なものは、ベネフィットであることはお伝えしたとおり。ではなぜ、売れる広告、インパクトのあるチラシにはベネフィットが必要なのでしょうか

このベネフィットと呼ばれるものは見込み客が商品を得ることによって得られる未来の喜びです。例えば、お腹が減った人にとってのベネフィットは、ステーキや定食ではなく、食事をしている時の満足感であり、食事をした後の幸福感のこと。

 

例えば、お腹が空いた人に、肉汁たっぷりでジュージューいう音とガーリックの混じったちょうど程よく焼けた匂いの漂うステーキを見せてあげれば、飛びつきますよね。それがベネフィットを提供するということ。

同じ人物であっても、お腹一杯だったら同じチラシを見せても興味を持ちません。つまり、インパクトのあるチラシを作ろうと思うなら、ベネフィットを書かなければならないのです。

(参考:ニーズをウォンツに変える!シーズ、ベネフィット、デマンドの違い

 

チラシで集客する3つのコツ

 

もし、あなたがチラシで集客しようと考えるなら、インパクトのあるチラシを作らなければいけません。通り一遍のチラシでは、競合他社のより良い商品、より安い商品に見込み客を取られてしまい、集客はとてもじゃないけれど成果を出せません。

それでは、どうやってインパクトのあるチラシを作るか、ベネフィットを前面に押し出して集客するのか。そのベネフィットを描き出す3つのコツをお伝えしていきます

 

見込み客を決める

 

まずは、あなたの商品、サービスを売りたい相手、ターゲットになる見込み客を決めます。見込み客は、探すのではなく、見つけるのでもなく、決めるのです。

あなたの商品を心の底から欲しいと思う人はどんな人でしょうか。あなたの商品を手に入れたら、天にも昇るような幸福感に包まれる人はどんな人でしょうか。

 

あなたの商品、サービスで欲望を満たされる人を見込み客として決めるのです。想像力を働かせて、考えてみましょう

これは、あなた自身の商品やサービスでも、アフィリエイト商材でも同じこと。その商品を喉から手が出るほど欲しいと思っているターゲットを見込み客として決めるのです。もし、どうしても創造力が働かなないなら、次のことを試してみてください。

  • 商品のことを知る。
  • 実際に商品を買って手に取って体感する
  • とことん商品を使いこんでどんな事実が手に入るか体験する
  • 商品を誰よりも知る

 

これができれば、自然と、ターゲットが見えてきます。もし、本当に思いつかなければ、あなたの身の回りにいる人、そのあなたの商品を買いそうな人を探してターゲット見込み客にしてしまいましょう

 

ベネフィットを探す

 

ターゲットが定まれば、その人にとって欲望を満たせるポイント、つまりベネフィットを想像してみます。パッと、インスピレーションが働き、素晴らしいベネフィットが見つかったらそれをチラシの主題に据えましょう。

ベネフィットは自然と見つかるのがベスト。なぜなら、しっくりくる広告になって、違和感なく広告ができるので、ナチュラルに見つかるのが一番なのです。

 

もし、ベネフィットが見つからないというなら次の方法を使います。

  • 見込み客になりきって使った時の感情を理解する
  • 商品を使った人に感想を聞く
  • 実際に商品を使って見込み客のベネフィットを想像する

(参考:マーケティングで使われるコピーライティング用語、ベネフィット、USP、フックの関係

 

インパクトのあるチラシを作る

 

このベネフィットが分かれば、誰に何を言うかという訴求方法が分かります。その訴求ポイントをチラシのコンセプトにしましょう。

まずは、アイキャッチやキャッチコピー。この一番目を引くアイキャッチとキャッチコピーに誰に何を言うかというコンセプトを前面にだしてアピールしていきましょう。

これで、あなたがターゲットにした見込み客の目を引くチラシが出来上がります。とっても簡単ですよね。

(参考:コピーライティングにおけるベネフィットとメリットとの違いとは!

 

まとめ

 

ベネフィットとか、見込み客とか、理解しづらい言葉が出てきたかもしれません。もっとわかりやすく言うと、商品を買いたい人に「あなたの買いたい商品はこれですよ。この商品があなたの欲望を満たしますよ」と書いたチラシを作ればいいのです。

それが、インパクトのあるチラシであり、そのインパクトのある広告を書く作業がコピーライティング。だから、売れる広告の作り方がインパクトのあるチラシで集客するコツになるのです。

 

以上、なぜ売れる広告の作り方が、インパクトのあるチラシで集客するコツになるのか、をお伝えしました。

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございます。それでは、引き続き、コピーライティング生活、楽しんでいきましょう!

 

はじめてのコピーライティング 小比井 雷太

Pocket

【感謝】皆様のおかげで、1位とれました!

ありがとうございます。

この度、皆様の「ぽちっ」という応援投票のおかげでブログランキング、ブログ村の両サイトにおきまして「はじめてのコピーライティング」がコピーライティング部門で1位になりました。本当にありがとうございます。この記事が良かったら、ぜひ、クリックして応援、よろしくお願いいたします。。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

(参考:初心者ライターのコピーライティングとは、これだ!

 

追伸

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

普通の文章とコピーライティングのテクニックが詰まった文章。あなたが、文章を書く時、広告を書く時に、この違いを思い出したら、その広告の効果は倍増します。

その結果は、あなたの今後を大きく変えていくと言っても過言ではありません。道を知らずにWEBの森の中に突き進むより、知識を持って複雑怪奇な森に挑戦しましょう。ブログが乱立するネットの森を迷わず通り抜けるには、「知識を持つこと」、それが一番楽な道なのです。

 

ここまで読んでくれたあなたに最大級の無料プレゼント。コピーライティングのテクニックに埋め尽くされた私の師匠のLP(ランディングページ)をプレゼントします。スワイプファイルにするもよし、写経の原本にするもよし、そのまま講座を受けるのもよし。あなたの自由に使ってください。

 

最大級のコピーライティングのLPはこちら Sky’s The Limit

この私の師匠のLPで、大きく成長してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です