コピーライティングのリサーチのコツ。情報を収集する3つのポイント

Pocket

こんにちは。

はじめてのコピーライティング小比井 雷太です。

さて、コピーライティングで広告を作っていくには、リサーチがとても重要。あなたは、そのコピーライティングにおけるリサーチのコツをどのようにとらえていますか?

 

コピーライティングとは、広告を書くスキル。そのコピーライティングでは、リサーチが命とも言われています。それでは、なぜ、コピーライティングにはリサーチが必要で、どうすればよいリサーチ、簡単に出来て、しかも、十分にしっかりとしたリサーチができるのか、あなたは知っていますか?

マーケティングやコピーライティングでとても重要な情報を収集する方法、リサーチ。そのコピーライティングで必要不可欠なリサーチのポイントを厳選して3つお届けします。

 

コピーライティングにはリサーチが必要な理由

 

コピーライティングとは、コピー(広告)を書く技術であり、広告という、読む人が買いたくなる文章を書くこと。そのためには商品に関するリサーチや見込み客になる人のリサーチが必要なのです。

なぜなら、どんな時にその商品を欲しくなるのか、しっかりとリサーチしておけば、見込み客にベネフィットを伝えることができるから。そうすれば、その商品は自然と売れるようになります。

 

その商品のベネフィットを伝えるには読む人のこと、商品のこと、を知らなければなりません。優れたコピーを書く人は、口をそろえてその商品に関しての専門家。そのためのリサーチがコピーライティングには必要のなのです。

このコピーライティングに求められているリサーチというスキルは、しっかりとあなたが商品の知識を得てその商品を欲しい人に関する知識とその周辺知識を得ること

 

このリサーチがしっかりできていると、お腹がペコペコの人にステーキを売ることができますが、リサーチが不十分だと、満腹の人にステーキを売りつけることになってしまいます。

勘のいいあなたなら、どちらの方がステーキを売りやすい状況か、説明しなくてもわかりますよね。だから、リサーチが必要なのです。このように、商品を売るためにとても便利なリサーチですが、そのリサーチについての重要なコツをお伝えしますね。

 

コピーライティングで使われるリサーチのコツは情報を収集する3つのポイントを押さえること

 

コピーライティングで使われるリサーチにはコツがあります。ただやみくもにネット検索しているだけでは、効果的なリサーチは出来ません。

そのコピーライティングで情報を収集するリサーチのコツですが、効果的にリサーチするために3つのポイントがあります。それでは、コピーを書く前のコピーライティング、リサーチのポイントを見ていきましょう。

 

商品にはどんな特徴があるのかを客観的にリサーチする

 

あなたがコピーを書こうとしている商品にはどんな特徴がありますか?商品の性能を知っておくことはとても重要ですが、そのバックボーンになる広告主の話しがとても参考になります。

ですが、この広告主、依頼主の語り口はとっても主観的で視野が狭いことに注意しておかなければなりません。あなたに依頼が来るということは、その商品が依頼主の想うように売れていないという事実を証明しています。

 

つまり、依頼主の話すことを100%信じていると、依頼主と同じ失敗をしてしまう可能性が非常に高くなるということ。だから、依頼主の話すことはとても主観的な表現で、視野が狭くなっている事を認識しておき、客観的に聞くことがあなたに必要になります。

依頼主から出される話をいくらか割り引いて聞き、100%は切り捨てない、そんな態度が必要。そうやって、依頼主の話がある一面から見たその商品の感想でしかないことを十分認識して、依頼主と同じ確証バイアスにかからないようにしましょう

 

あなたのコピーのライバルはどんな相手か

 

ライバルはどんな相手なのでしょうか。ライバルがいるのといないのでは全く攻略法が変わってきます。

もしあなたが売ろうとしている商品についてライバルと全く同じ訴求をしていると、売り上げの取り合いになってしまい、あなたにとってもしんどい話になります。ですが、ライバルがいないのであれば、あなたが好きな方向へコピーライティングの先を伸ばしていけます。

 

強烈なライバルがいる時とライバル不在時やライバルが弱い時の攻め方を変える戦法、ランチェスター戦略で戦っていきましょう。もしリサーチの結果、目の前に大きな敵がいるのであれば、真っ向から勝負を挑まずに、もっと他に売りやすい訴求方法を考えることができます。

また、ライバルをリサーチすることで、商品の売込みポイントが見えることもあります。ライバル自身もよい情報源になっていることも少なくありません。

 

見込み客はどんな人物か

 

見込み客を設定することも必要です。見込み客が大学生である場合と、定年後ゆっくりしている70代のおじいさんでは、興味を引く内容は全く変わります。

その商品を理解して、誰に対して売るのかを明確に理解しなければなりません。つまり、誰に何を言うのかを明確にすることが大切。

 

そのためには、あなたが売ろうとしている商品は誰が欲しがるのか、誰がその商品を手に入れたら明確なベネフィットが手に入れられるのか。リサーチするポイントを絞り込み、情報をしっかりとリサーチすることでそれをしっかりと探し出していくことでできるようになります。

見込み客が分かれば、何をどう言うかが明確になり、売れるコピーが書けるようになります

 

まとめ

 

コピーライティングのリサーチのコツとして、情報を収集するポイントをみていきました。世間にある山のような情報、そこの中から必要な情報を抜き出すことがリサーチ。

そのリサーチで必要な情報を抜き出すには、抜き出すキーワード、ポイントを明確にすることが大事。そのために、依頼主の話を客観的に聞き、商品に精通し、一番売りたい見込み客が誰なのかを見つけること。

 

そのリサーチから作り上げられた、誰に何を言うか、これがあなたがこれから書こうとするコピーライティングの屋台骨になるのです。

それでは、引き続き、コピーライティング生活、楽しんでいきましょう!

 

はじめてのコピーライティング 小比井 雷太

Pocket

【感謝】皆様のおかげで、1位とれました!

ありがとうございます。

この度、皆様の「ぽちっ」という応援投票のおかげでブログランキング、ブログ村の両サイトにおきまして「はじめてのコピーライティング」がコピーライティング部門で1位になりました。本当にありがとうございます。この記事が良かったら、ぜひ、クリックして応援、よろしくお願いいたします。。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

(参考:初心者ライターのコピーライティングとは、これだ!

 

追伸

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

普通の文章とコピーライティングのテクニックが詰まった文章。あなたが、文章を書く時、広告を書く時に、この違いを思い出したら、その広告の効果は倍増します。

その結果は、あなたの今後を大きく変えていくと言っても過言ではありません。道を知らずにWEBの森の中に突き進むより、知識を持って複雑怪奇な森に挑戦しましょう。ブログが乱立するネットの森を迷わず通り抜けるには、「知識を持つこと」、それが一番楽な道なのです。

 

ここまで読んでくれたあなたに最大級の無料プレゼント。コピーライティングのテクニックに埋め尽くされた私の師匠のLP(ランディングページ)をプレゼントします。スワイプファイルにするもよし、写経の原本にするもよし、そのまま講座を受けるのもよし。あなたの自由に使ってください。

 

最大級のコピーライティングのLPはこちら Sky’s The Limit

この私の師匠のLPで、大きく成長してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です