アフィリエイトブログの商品選定の基準はこれ!稼ぐ商品の選び方

Pocket

こんにちは。

はじめてのコピーライティング小比井 雷太です。

アフィリエイトブログをはじめようとした時、商品選定の基準が分からず、手当たり次第に選ぶことってないですか?実は、売れる商品の選び方には、コツがあるのです。

せっかく、アフィリエイトブログを作るのであれば、売れない商品より、売れる商品を選んだ方がいいですよね。なので、今回はアフィリエイトの商品選定の基準を説明して、売れる商品の選び方を紹介しますね。

 

アフィリエイトブログで商品選定せずグーグルアドセンスで稼ぐ落とし穴

 

アフィリエイトで稼ぐ方法の一つとしてグーグルアドセンス(Google AdSense)があります。このグーグルアドセンスとは、サイト内にグーグルから提供される広告を組み込んでクリックに応じて報酬が発生するグーグルが提供するシステムのこと。

サイト閲覧者が興味のある分野についてその関連商品を表示してくれます。ブログ記事の内容に関わらなく表示してくれるので、初心者に簡単な方法として広まっています。

 

ですが、ここが落とし穴。あなたの普段のネットサーフィンを思い出してみてください。確かにクリックで発生するのでとても簡単なように思えるのですが、ネットサーフィン中に広告をクリックすることってほとんどないですよね。

だから、報酬を発生しようとすると、ひたすらPVを稼ぐことが必要になります。PV数と発生報酬額との関連性はおおむね次のような関係があるといわれています。

アドセンス収益の目標月収1か月に必要なPV数1日に必要なPV数
月収1万円33000PV1100PV
月収2万円66000PV2200PV
月収3万円10万PV3300PV
月収4万円13万PV4400PV
月収5万円16万PV5500PV
月収6万円20万PV6600PV
月収7万円23万PV7700PV
月収8万円26万PV8800PV
月収9万円30万PV1万PV
月収10万円33万PV1.1万PV

 

これほど膨大なPVを集められるサイトを構築する腕があるなら、1件当たり数千円~数万円報酬が発生する、商品を選定した特化ブログ構築をした方が大きな収入を得ることができるような気がしませんか?

つまり、誕生日ケーキのサイトを作り、誕生日ケーキを探しに来たお客さんに誕生日ケーキを売る方が簡単だということ。稼ぎやすいサイト構築とは、その商品Aを買いたくてたまらないお客さんにその商品Aを売ることです。

 

この誰に何を売るかを考え、ある商品Aを買いたいお客さん向けにその商品が売れる文章を書く技術が、コピーライティング。私、小比井 雷太がやっているコピーライティングとはこんなテクニックなのです。

(参考:コピーライティングで成果倍増! 初心者のアフィリエイト最大化作戦

 

思わず、ちょっと脱線してしまいました。それでは、本題に戻して、アフィリエイトの商品選定の基準をお話ししましょう。

 

アフィリエイトブログで稼ぐ商品選定の基準、商品データとは

 

アフィリエイトの商品選定の基準は商品データを読み解くことにあります。ここで言っている商品データとは、ASPが今まで商品を販売してきたデータ。

ただし、全てが公開されているわけではありません。アフィリエイター初期のうちは表示されないデータも多く、成果が上がれば、公開されるというシステムになっています。

稼いだ実績のある人ほど稼ぎやすいステージに上がるという訳ですが、これは、初期のうちは仕方がないこと。知ることのできるデータで勝負しましょう。また、ここでは、ASPが提供する数値について書いていますが、あなたのサイトにおいて検討する材料になる数値でもあります。

 

EPC

EPCとは、Earn Per Clickの略で、広告1クリック当たりの収益(稼げる金額)のこと。計算式は次のようになります。

EPC(1クリック当たりの収益)=アフィリエイト報酬金額 ÷ 広告クリック数

 

ここで使われるアフィリエイト報酬金額と広告クリック数は1か月単位でASPが把握した数値が使われるのが普通です。

例えばこのように計算され、評価されることになります。商品Aが100クリックで発生した金額が1000円なら、その商品のEPCは10。もう一つの商品Bが50クリックで発生金額1500円で50クリックなら、EPCは30です。

この二つの商品のうちなら商品Bの方が良い商品、良い広告といえるでしょう。

 

CVR

CVRとは、コンバージョン率(Conversion Rate)の略で、ウェブサイトを訪問したユーザーのうち、成果地点まで至ったユーザーの割合です。サイトに訪れただけで誰も買わなければ0%、訪問客のすべてが購入したら100%となります。計算式は次の通り。

CVR=成果件数÷訪問者数

 

確定率(承認率)

確定率とは、成果地点まで到達した成果のうち、承認(確定)された成果の割合です。計算式は次の通り。

承認率(%)=確定アフリエイト成果件数÷発生アフィリエイト成果件数×100

例えば、次のようになります。ある掲載アフィリエイト商品の発生件数が200件、承認(確定)された件数が140件ならその広告の承認率は70%です。

(参考:見込み客が増える!儲かるブログの書き方講座

 

それでは、次に、売れる商品の選び方を紹介していきます。

 

売れる商品の選び方:商品選定の基準

 

売れる商品の選び方は、商品もデータを読み解くことが必要。EPC,CVR、承認率の各データの判断基準については、次の通りです。

 

EPC

一般的にEPCは30以上あれば売れている商品と判断されます。

ただし、承認される前の発生金額が基準となっているので、承認率を考慮しないと、せっかくアフリエイトしても収入につながらないという結果になってしまいます。また、報酬金額が大きければ大きいほどEPCが大きくなるのでEPCが良いからよい商品と判断するのは危険です。

 

CVR

一般に、3%以上あれば売れる商品としてみなされます。

発生件数でカウントするので、稼げる商品として判断するのは危険なのはEPCと変わりません。報酬金額の多寡に影響されない分、EPCより信頼のおける数字です。

 

承認率(確定率)

アフィリエイトするなら、確定率は60%以上は欲しいところ。中には、承認率がほぼ0%という商材もありますので、要注意です。

以前、50件ほど発生させた商材で、確定0件という資格取得の商材がありました。また、自己アフィリで確実に成果地点に着地している案件でも発生すらカウントされない保険の商材もありました。

 

手動で成果を承認する広告主の中には、承認すべき問題ない成果も、予算が足りないからと成果を却下する広告主もいます。あなたにはこんな嫌な思いをして欲しくありません。

この時、弱小アフィリエイターがASPに反論しても、「広告主の判断であり、理由など細部はお伝え出来ません」と完全無視。データを見れるようになったら確認しておきたい項目です。

(参考:アフィリエイトで儲かるジャンル一覧!需要のある穴場ジャンルの選び方

 

まとめ

 

グーグルアドセンスの落とし穴は獲得したPV数に対して成果が少ないこと、ASPで紹介されている商品の各データ、EPC、CVR、承認率の説明をしてきました。

特化ブログでブログ収入に繋げるためには、しっかりと商材データを押さえるようにしましょう。

 

以上、アフィリエイトの商品選定の基準はこれで完全!売れる商品の選び方でした。

それでは、引き続き、コピーライティング生活、楽しんでいきましょう!

 

はじめてのコピーライティング 小比井 雷太

Pocket

★★★★★★★★★★★★★★★★★
★─ メルマガはじめました。 ─★
★★★★★★★★★★★★★★★★★

   

小比井 雷太の
コピーライティング無料メルマガ
【コピライ通信】

いまなら、読者登録のお礼に、
【コピーライティング基礎講座】
【秘蔵のスワイプファイル】
などを無料配布中。

 

この機会に、ぜひ、ご登録ください。

→ 今すぐ【コピライ通信】
登録ページへ行く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です