アフィリエイト初心者がブログサイトで稼ぐ前にする3つのこと

Pocket

こんにちは。

はじめてのコピーライティング 小比井 雷太です。

副業でも、本業でもあなたが、アフリエイトブログで稼ごうと思っているなら、今回お話しする3つのことはとっても重要な事。アフィリエイトブロガーになって、しっかり押さえてガッチリ稼いでいくための大切な条件。

 

もし、この3つをせずにアフィリエイトを始めてしまった場合、あなたのブログに誰も寄り付かなかったり、ある日突然削除されたりと、ほとんどの場合継続的に稼ぐことができなくなって破滅を迎えてしまうことも考えられるくらい大切なことです。

もしあなたがそんな失敗をせずに稼いでいきたいと考えているならば、この3つのことは、確実に守ったほうがいいことです。せっかくこれから作っていくあなたのビジネスワールドがある日突然消え去るなんて経験、したくないですよね。

 

初心者がアフィリエイトブログサイトで稼ぐ前にすること1:ジャンル決定

 

初心者がアフィリエイトするなら、サイトを構築する前にすることの1つに、ジャンルを決定するという作業があります。これは、難しく考えることは全くなく、ゲームで職業を選ぶようなもので、戦士になりたきゃ戦士を選べばいいし、魔法使いになりたければ魔法使いを選べばいいのです。

どういうことかというと、これからこのジャンルに書いていくと宣言すればいいだけの話。ただし、戦士が魔法を使ってもしょぼいし、魔法使いが杖をふってもダメージを与えられないように、ブログで稼ぐのであれば、そのジャンルにはジャンルに応じた攻め方があります

 

「そんなことを言っても、アドセンスで稼げばいいじゃん」とかいう人もいるかもしれません。ですが、そのアドセンス広告で稼ぐ人を見てみたらわかるように、アドセンス広告では、大きく稼げないのです。ちなみに補足説明すると、アドセンス広告とは、グーグルアドセンスなどのことで、グーグルが選んだ広告を張るスペースを提供する代わりに、そこからクリックされたら、広告費としてあなたに報酬が支払われるというもの。

この収益は限りなく低く、1クリック1円~100円程度と言われていますが、ほぼ1クリック10円程度と考えてよいでしょう。1クリック10円とすれば1万円稼ごうとしても1000人にクリックしてもらわなければいけません。

1000人がクリックしてくれる状態とは、10万人くらいが訪問してくれるサイトを作るということ、つまり、10万人というと、日本人の1000人に1人がクリックしてくれるサイトを作らなければいけないのです。出来ないことはないですが、はっきり言って労力の無駄。なぜならそれだけの労力を費やせば、特化ブログではもっと大きく稼げるからです。

アドセンスで稼げる人は、芸能人であったり、名前の売れた企業家であったりして、潜在的なファン層を持っている人たちです。もしあなたがそれだけのファンをすでに確保しているなら、アドセンスで稼ぐことも可能ですが、あなたが普通の人であるなら、特化ブログで攻めるほうが大きく稼げる確率が高くなるのです。

話しをジャンル選定に戻しますが、その時に選ぶジャンルをどこにするか、どのジャンルに特化して今後進めていくかは初心者だとわからないですよね。この、ジャンル選定のヒントはアフィリエイトならASPのリサーチが王道ですが、リンク先でも初心者おすすめのジャンルを紹介していますので、参考にしてみてください。ASPってなに?という人のためにも、参考頁を張っておきますね。

(参考:アフィリエイトで儲かるジャンル一覧!需要のある穴場ジャンルの選び方
(参考:アフィリエイト初心者おすすめASPとは!仕組みも徹底解剖!15選

 

初心者がアフィリエイトブログサイトで稼ぐ前にすること2:誰に何を訴えるか

 

アフィリエイトのブログを作ると、書くことが無くなったとつまづく経験をする人が多くいます。ブログ記事を書き始める前には、「よし、このコンセプトでOK!」と、張り切っているのですが、実際10記事、15記事と書き進めるにつれて、「あれ?書くことが無い…。」となってしまう人がとても多い

こんな事態がなぜ起こってしまうか、あなたは分かりますか?この「書けない病」は最初の訴求内容「誰に何を訴えるか」が固まっていないことにあるのです。

 

あなたの同僚と話すのと取引先の社長と話すのとは話し方も話す内容も全く違ってきますよね。友達と話すのと、親と話すのも違う。話す相手が目の前にいたら話す事項、語りたいこと、伝えないといけないことも自然と出てきますよね。

また、話す相手によって、話す内容は変わってくることがありますが、ここが書けないポイント。話す相手が決まっていなければ、話す内容が決まらず「あれ?ブログ記事、書けないぞ?」となるのです。

 

ここで、「じゃあ、その時に、気が向いた人に話せばいいじゃん」と考える人もいるかもしれません。しかし、それでは、読んでもらえるブログ、PVが稼げる特化ブログに出来ないのです。

多くの人に語り掛けている街の宣伝を思い出そうとしても思い出せないように、全くと言っていいほど記憶に残っていませんよね。あなたが語りかける相手が多いと誰も見向きもしません。

 

読む人が「私に話しかけられている。」「このことって、私のこと?」「うん、そうそう。そんなことも気になるんだよね」と思えるような、あなた一人に対して話をすることで、読んでくれるアフィリエイト特化ブログを作ることができるのです。

だから、訴求内容をしっかり固めることが大切な理由がここにある。つまり、「誰に何を言うか」をしっかり決めることが、ブログ記事を書けるようになるし、読んでもらえるブログにすることもできる一石二鳥の対策なのです。

 

初心者がアフィリエイトブログサイトで稼ぐ前にすること3:サーバー、プラットフォームは無料?有料?

 

初心者がアフィリエイトサイトを運営し稼ぐためには、記事を載せるプラットフォームを決めなければいけません。結論から申し上げますと、無料のプラットフォームは使うべきではありません

なぜなら、融通が利かないうえにアカウントが飛んでしまうことがあるからです。アメブロでブログを作っていたらある日突然アカウントを削除されたとかよく聞きますし、友人に楽天のアカウントを飛ばされ、飛行機や新幹線の予約、ホテルの予約まで分からなくなりとてつもない苦労をした人がいます。

 

無料のブログやサーバーが商用利用を禁止している理由は広告収入によって成り立っているからであり、ユーザーが勝手に広告を張り付けると、客を奪う行為をされていると判断し、削除という罰を与えるのです。つまり、あなたが今後継続的に稼いでいこうとするなら、安心して運営を続けることが出来る有料のプラットフォームが良いのです。

「でも、小比井雷太さん!そんなことを言ってもアメブロとか、はてなブログって集客が楽なんです」という方もいらっしゃるかもしれません。確かに、ワードプレスでサイトを立ち上げると「WEBの孤島」を作ることになるので、最初のスタートは厳しいものになります。

 

ですが、サイトを育て、稼げるようになった時に、サイトを消されたらどうですか?そんなリスクを負うくらいなら、最初から有料サーバーで戦うことが戦略的に重要な位置を締めていることが理解できますよね。

有料サーバーなど土俵を築くために必要な費用にしても、掛かっても、年に5万円程度なので、これから月に5万、10万と稼いでいくあなたなら、十分に払える経費。今稼いでいないから払えないというなら、苦労が水の泡になるので、おすすめはしませんが、一度、無料でやってみて、少し稼いでからその稼げるブログを全削除される経験をしてみるのも一つでしょう。

(参考:リンク集(おすすめ有料サーバー))

 

まとめ

 

アフィリエイトブログを立ち上げる前にしておきたいことは、ジャンル決定、訴求内容の決定、プラットフォームの決定です。この3つを決めておかなければ、アフィリエイトブログで稼ぐ土台ができていないのも同様、砂の上に城を作るようなものです。

しっかり稼ぐには、しっかりした土台が必要であることは、これまでお伝えしてきたとおりです。本気で稼ぎたいなら、本気でブログ構築に臨むことが必要なのです。

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございます。それでは、引き続き、コピーライティング生活、楽しんでいきましょう!

 

はじめてのコピーライティング 小比井 雷太

Pocket

【感謝】皆様のおかげで、1位とれました!

ありがとうございます。

この度、皆様の「ぽちっ」という応援投票のおかげでブログランキング、ブログ村の両サイトにおきまして「はじめてのコピーライティング」がコピーライティング部門で1位になりました。本当にありがとうございます。この記事が良かったら、ぜひ、クリックして応援、よろしくお願いいたします。。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ネーミング・コピーライティング

(参考:初心者ライターのコピーライティングとは、これだ!

★★★★★★★★★★★★★★★★★
★─ メルマガはじめました。 ─★
★★★★★★★★★★★★★★★★★

   

小比井 雷太の
コピーライティング無料メルマガ
【コピライ通信】

いまなら、読者登録のお礼に、
【コピーライティング基礎講座】
【秘蔵のスワイプファイル】
などを無料配布中。

 

この機会に、ぜひ、ご登録ください。

→ 今すぐ【コピライ通信】
登録ページへ行く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です