記事を構成するコツ、フック文章とは!【コピーライティング用語】

Pocket

こんにちは。

はじめてのコピーライティング 小比井 雷太です。

アフィリエイトブログ記事を書いていると、やっぱり読まれる記事を書きたいですよね。検索された時にクリックされやすくて読まれる記事を構成するコツ「フック」というコピーライティングのスキルをご存知ですか

 

このフックと言うコピーライティング用語はベネフィット、USPと並ぶ3大ライティング術です。もし、このフック文章が書けなければ、検索されたとしても、素通りされる端にも棒にもかからない広告になってしまうでしょう。

もし、あなたが読まれる文章を構成するコツを求めているなら、コピーライティングのフックを気に掛けながらフック文章を書いていくことが大切。それでは、その重要なコピーライティングスキル、フックについてみていきましょう。

 

コピーライティング用語のフック(hook)とは

 

コピーライティングとは、ライティングの一種で、実は、他のライティング技術とは違うものであるって知っていました?ちょっと想像して見ていただきたいのですが、新聞の記事と雑誌の記事って書き方が違いますよね。小説とノウハウ本も違うし、ブログと日記も違うというように、それぞれの記事にはそれぞれに合った記事の書き方があるのです。

ここで紹介するコピーライティングとは、広告の書き方で、振り向きもしない見込み客に対して語りかけて購入してもらう決断までを誘導する文章を書く技術。そのコピーライティング用語に出てくるフック(hook)という言葉、その奥に秘められた意味、潜在的にどんな意図があるのか、どんな役割が求められているか、勘のいいあなたなら、なんとなく想像がつきますよね。

 

フックの意味とは

そんなコピーライティング用語、フックですが、もともとの言葉は英語の【hook】という言葉です。フックは、留め金やかぎづめのことを指します。

釣り針のクイッと曲がったあの感じをイメージするとフックとは何か、その意味をとらえるのがスムーズになります。引っ掛けてグイっと引っ張って、自分の近くに持ってくるものという感じですね。

 

コピーライティング用語としてのフック

ここからもう少し広くこのフックという言葉を想像してみてください。捕らえて放さない、物を引っ掛けるもの、引っ張ったり留めたりするもの全般として、このhook、フックをとらえれば、とてもいいイメージになります。

そのフックのイメージとコピーライティングの目的である通りすがりの見込み客を振り向かせ購入の決断を指せるということを融合させてみると、コピーライティング用語としてのフックの意味が出来上がります。つまり、フック文章という文章で、見込み客をひっかけて、あなたの文章を読ませていこうという目的を持った言葉がフックなのです。

 

フック文章で記事を構成するコツ

 

フック文章が上手くなれば、見込み客の顕在化した欲望や悩みはもちろん潜在的に持っている欲望や悩みにも引っ掛けたコピー、広告を書くことができます。つまり、見込み客になりそうな人をことごとく、かっさらってあなたのブログに引き込むことができるのです。

そんなフック文章があるなら、ぜひ使って書いてみたいと思いますよね?実は、このフック文章を書くには、記事を構成するコツがあるのです。そのコツを見ていきましょう。

 

WEBで読まれるライティングの基本構成

WEBで読まれる文章には、ある特徴があります。その特徴とは、検索順位が上位に位置しているWEBに掲載された記事を見て研究して判明したことで実践的なデータ分析の結果から分かった特徴。

結論から申し上げますと、そのWEBで読まれる記事の特徴とは、ライティングの基本構成がWEB向きになっていること。小学生のころから必死に教え込まれ、あなたの頭の中にしっかりと焼き付けられた文章の基本構成、起承転結ではないのです。

 

なぜなら、この理由は、WEBであなたのブログに立ち寄ってくれる人は、疑問があって検索した人だから、少しでも早く答えが知りたいから。起承転結で最後まで答えが分からない文章だと、最初のリード文を読んだだけですぐ離脱し、あなたの伝えたいことを伝える前にいなくなってしまうのです。

検索ユーザーの問いに対してどれだけ素晴らしい答えを用意していても読んでくれなければ価値はゼ、厳しいですが、それが現実なのです。では、どのような構成をがいいのかというと、WEBで読まれる基本構成は次の通り。

  1. キャッチコピー
  2. リード文
  3. ボディコピー
  4. クロージング

 

この順に構成し、答えは、冒頭に出してしまうのです。答えが冒頭にあるとそのあとを読んでもらえないのでは?という人もいるかもしれませんが、大丈夫。なぜなら、その答えは、読者を4つに分類するとわかるように、WEBブログを読む人の特徴は、最初に答えを知ったら購入する人、答えを知ったら理由を知りたくなる人の二通りのパターンを押さえたらいいから。

あなたの目的は、商品を買ってもらうことですよね。なら、極論になりますが、あなたの文章の中身を読まれなかったとしても、商品を買ってもらえたらあなたの使命は達成されたことになるのです。

 

フックを使ったフック文章の書き方

ブログを運営するときに悩むことの1つに、あなたのブログに見込み客を惹き込むことが第一の関門になることがあります。その「読まない」読者という関門を突破するスキルがコピーライティングであり、その中でも、フック文章なのです。

こんな便利なフックを使ったフック文章の書き方って気になりますよね。下にフック文章の書き方のポイントをまとめておきますので、ぜひ試してみてくださいね。

  • 見込み客の興味を引く文章を書く
  • ベネフィットを盛り込む
  • 悩み、欲望を書き出し問題提起する
  • 商品を使ったらどうなるかというUSPをアピールする
  • クライアント、商品、自分をリサーチし、掘り下げる
  • ゴシップ、意見、うわさ話、常識、競合、神話、伝説、ポジショニングを利用する
  • 不協和理論を活用する

(参考:フックとは何か、フックがある広告のフックをかける意味は?

 

まとめ

 

記事を構成するコツ、フック文章とは通りすがりの見込み客を呼び込み、あなたのブログ、広告に引きずり込むコピーライティングのスキル。フックはコピーライティング用語ですが、その応用の幅は広く、日常会話にも応用できるほどの汎用性

「ねぇ、ちょっと、奥さん。先週の土曜日引っ越してきた203号室のちょっとカッコイイ男の人、実はとってもいやらしい趣味を持っているみたいよ。」なんて噂話、聴いてみたくなりませんか?

それでは、コピーライティング生活、楽しんでいきましょう!

 

はじめてのコピーライティング 小比井 雷太

(参考:初心者ライターのコピーライティングとは、これだ!

 

追伸

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

普通の文章とコピーライティングのテクニックが詰まった文章。あなたが、文章を書く時、広告を書く時に、この違いを思い出したら、その広告の効果は倍増します。

その結果は、あなたの今後を大きく変えていくと言っても過言ではありません。道を知らずにWEBの森の中に突き進むより、知識を持って複雑怪奇な森に挑戦しましょう。ブログが乱立するネットの森を迷わず通り抜けるには、「知識を持つこと」、それが一番楽な道なのです。

 

ここまで読んでくれたあなたに最大級の無料プレゼント。コピーライティングのテクニックに埋め尽くされた私の師匠のLP(ランディングページ)をプレゼントします。スワイプファイルにするもよし、写経の原本にするもよし、そのまま講座を受けるのもよし。あなたの自由に使ってください。

 

最上級のコピーライティングのLPはこちら Sky’s The Limit

この私の師匠のLPで、大きく成長してくださいね。

 

<< ブログリンク >>


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です