セールスコピーライティングの心理学スキル!バーナム効果(フォアラー効果)

Pocket

こんにちは。

はじめてのコピーライティング 小比井雷太です。

あなたはバーナム効果という言葉を見たり聞いたりしたことはありますか?実はこの、バーナム効果、他人を説得するときにあなたの立場を大きく向上させます。

セールスコピーライティングでは、心理学のスキルが多く使われているのですがこの中でも特に重要なバーナム効果(フォアラー効果)について触れていきます。

 

バーナム効果(フォアラー効果)とは

 

バーナム効果とは、簡単に言うと、「あなたは○○ですね。」というと、誰にでも当てはまることでも、自分にぴったり当てはまっていると勘違いすることです。このバーナム効果、もともとの発端は、バートラム・フォアラー(Bertram R Rorer)というアメリカの心理学者が学生に行った実験がきっかけになっているので、別名フォアラー効果ともいわれます。

そのフォアラーが行った実験とは、学生に「あなたの性格を診断するテストをする」といって、簡単なテストをした後に、前もって用意しておいた文章を見せてどんな反応を起こすか、というものです。

その文章とは、

  • あなたは、他人から好かれたい、称賛して欲しいと思っていますが、それにも関わらず自己を否定する傾向にあります。
  • あなたは、弱みを持っている時でも、それを普段は克服することができます。
  • あなたは、使われず、活かしきれていない才能をかなり持っています。
  • 外見的には規律正しく自制的ですが、内心ではくよくよしたり不安になる傾向があります。
  • 正しい判断や正しい行動をしたのかどうか真剣な疑問を持つときがあります。
  • あなたは、ある程度の変化や多様性を好み制約や限界に直面した時は不満を抱きます。
  • そのうえ、あなたは独自の考えを持っていることを誇りに思い、十分な根拠もない他人の意見を聞き入れることはありません。
  • あなたは、他人に自分のことをさらけ出し過ぎるのも懸命でないことにも気づいています。
  • あなたは、外交的・社交的で愛想がよい時もありますが、その一方で内向的で用心深く遠慮がちな時もあります。
  • あなたの願望にはやや非現実的な傾向のものもあります。

テスト後にこの文章を見せられた学生の多くが「このテスト結果の内容は自分に当てはまっている」と答えたそうです。

 

そして、この実験の8年後に結果を取り上げたのは、アメリカのポール・ミールという心理学者。その彼が書いた随筆の中で、次の通り述べています。

ポール・ミール
過去に行われた「一見成功したかのように見える心理学テスト」の中にはフォアラーの実験で使われた文章のように、あいまいで、誰にでも当てはまるような、性格を分析した書き方の文章が使われたことがある

そして、ポール・ミールは、ミュージカル映画「グレイテスト・ショーマン」で有名になった、フィニアス・テイラー・バーナム(Phineas Taylor Barnum)という興行師の手法にちなんで、「バーナム効果」と呼んだのです。

 

身近な心理学スキル、バーナム効果(フォアラー効果)の例

 

私たちの身近なところにもこの心理学スキル、バーナム効果(フォアラー効果)が使われているものがあります。

例えば、血液型占い。これは、心理学的には、何度もその実証性を否定され、未だ科学としては立証されていない、いわば、迷信、に過ぎない未科学なのですが、とても多くの人に信じられています。

  • A型は律儀で神経質
  • B型はわがまま
  • O型はおおらかで温和
  • AB型は理知的で一風変わっている

当てはまっているような気がしますよね。これは、誰でも持っている性質だからです。A形でなくても律儀で神経質なところもあるし、B型でなくてもわがままなところは誰にでもあるのです。

このように、誰にでも当てはまることを伝え、いかにもあなたがそのような人間であるかのように錯覚させることがバーナム効果、フォアラー効果なのです。

 

セールスコピーライティングに応用する方法

 

勘のいい人はもう気付いているかもしれません。そうです、バーナム効果、フォアラー効果をセールスライティングに応用すると、一気に読者の共感を得られ、信用を勝ち取ることができるのです。

セールスコピーライティングでまず獲得しなければいけないことは、読者の共感であり、信用です。どこの馬の骨かわからない人からどんなに良い商品だと勧められても、信用することはないですよね。

でも、あなたの家族が、このコピーライティングってとっても勉強になるよ、と言ったらどうですか?コピーライティングに対する疑念や小比井雷太に対する疑惑も吹き飛ぶのではないでしょうか。

このように、身近な人の言葉は信じられやすいという親近効果を増大させる方法が、「共感を得ること」や「信用されること」なのです。

だから、バーナム効果を使うことはセールスコピーライティングには必須の基礎スキルとなるのです。誰にでも当てはまることを並べて、「あなたも同じですよね。」といってあげればいいのです。例を挙げると次のような形。

あなたはこんな願いが頭の中をかすめたことはありませんか?

  • 今より少しだけでもゆとりのある暮らしがしたい。
  • 毎月の給料だけでは生活が苦しい。
  • とびっきりの贅沢をしたいわけではないが、今より少し良い暮らしがしたい。

そんなあなたに素晴らしいお知らせがあります。

なんと、一日1クリックするだけで1カ月で3万円の副収入が手に入れられるのです。いつもの給料以外に3万円の副収入が得られるってすごくないですか?今から3分だけの募集です。

今すぐ、下の「1クリックハンターに応募する」のボタンから申し込んでください。

先着3名の募集なので、すぐに応募を締め切らなければいけなくなるかもしれません。クリック後に「申し込みが完了しました」というページが開かなければ、募集終了なので、その時は、申し訳ございませんが、ご容赦ください。

それでは、次は「1クリックハンター」のサイトでお会いしましょう。

どこかで見たようなセールスレターです。これも冒頭の「こんな願いが頭の中をかすめたことはありませんか」ということのつぎに誰にでも当てはまることを読む事で、「あっ、私のことだ」というカクテルパーティー効果で注意をあなたに向けるという効果を得られるのです。

一気に読者があなたに対する信用度、好感度を上げるとっても便利な心理テクニックです。この心理学に根ざすセールスコピーライティングの基礎スキルを使って、あなたのブログの信頼度をガッツリ上げていきましょう。

 

まとめ

 

誰にでも当てはまる回答を使って、あなたとあなたのブログやサイトの信用度を一気に上げる「バーナム効果」、「フォアラー効果」。このスキルはセールスコピーライティングでは、基礎的なスキルです。

ですが、その効果は絶大で、信用していない「読まない読者」をあなたを信頼する「読む読者」に変えることができるのです。

このバーナム効果、フォアラー効果であなたのブログの力を伸ばして、羽ばたいていきましょう。

 

 はじめてのコピーライティング 小比井雷太

 

(参考:心理学に学ぶコピーライティング基礎一覧50+α

 

追伸

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

普通の文章とコピーライティングのテクニックが詰まった文章。あなたが、文章を書く時、広告を書く時に、この違いを思い出したら、その広告の効果は倍増します。

その結果は、あなたの今後を大きく変えていくと言っても過言ではありません。道を知らずにWEBの森の中に突き進むより、知識を持って複雑怪奇な森に挑戦しましょう。ブログが乱立するネットの森を迷わず通り抜けるには、「知識を持つこと」、それが一番楽な道なのです。

 

ここまで読んでくれたあなたに最大級の無料プレゼント。コピーライティングのテクニックに埋め尽くされた私の師匠のLP(ランディングページ)をプレゼントします。スワイプファイルにするもよし、写経の原本にするもよし、そのまま講座を受けるのもよし。あなたの自由に使ってください。

 

最上級のコピーライティングのLPはこちら Sky’s The Limit

この私の師匠のLPで、大きく成長してくださいね。

 

<< ブログリンク >>

人気ブログランキングへ

ブログランキング ブログ村へ

Pocket

2 件のコメント

  • はじめまして。
    ブログランキングから伺いました。

    私もコピーライティングの魅力は充分すぎるほど感じています。
    ですが、なかなか上手く書けません(汗)

    ですが今回、素晴らしい内容のブログに出会えました。
    これからも色んな記事を読ませてくださいね。

    よろしくお願いします。

    satoshi

    • satoshi様

      はじめまして。

      はじめてのコピーライティングにお立ち寄りくださいましてありがとうございます。

      satoshi様からの好評価、とても嬉しいです。

      これを機に、さらにコピーライティングの魅力とそのテクニックについてお話していきます。

      是非、またお立ち寄りくださいませ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です