セールスコピーライターの仕事の取り方は難しい?コピーライターの儲かる案件とは

Pocket

こんにちは。

はじめてのコピーライティング小比井 雷太です。

セールスコピーライターの仕事の取り方は難しい?あなたは、本当にそう思いますか?実は、セールスコピーライターの儲かる案件とは見えないところにゴロゴロ隠れているのです。

そんな、セールスコピーライターの儲かる案件について仕事の取り方を紹介していきますね。

 

セールスコピーライターの儲かる案件とは

 

セールスコピーライターって儲からないとか、稼げない、食えないといわれますが本当にそうでしょうか。実は、セールスコピーライターとして儲かる案件は見えるところには落ちていないのです。

それが正しいなら、セールスコピーライターの儲かる案件はどんなところにあるのでしょうか。答えを行ってしまうと、よく、言われているのが、ランサーズとかクラウドワークスなど、文章を書くライターを募集しているところに登録して書くように言われたりします。

 

ですが、2000文字書いて数百円と、割に合わない仕事ばかり。それも、競合に案件を取られたら、せっかく書いた文章も無駄になるという結末付。そんな中、どうやったら、稼げるのでしょうか。実は、ランサーズやクラウドワークスにも稼げる方法はあります。というか、それが初期の段階。

セールスコピーライターとして儲かる案件は、そのあたりに転がっていますが、見つけるにはあなた自身のスキルに合った案件から手掛けていきましょう。

 

セールスコピーライターの仕事の取り方は難しい?

 

セールスコピーライターの仕事の取り方、難しいと思いますか?本気であなたがそう思うのなら、難しいのでしょう。ですが、やり方次第で仕事の取り方は簡単になるのです。

どうやったら、仕事の取り方が簡単になるのか。それは段階的に案件を変えていく事。セールスコピーライターとしてのあなたのスキルに合った案件を取っていきましょう。

 

そして自分のスキルをどんどん伸ばしていって、最終的に大きく儲かる案件を手掛けていけばいいのです。

いきなりトップセールスコピーライターのようにすごい案件を取るのはそれこそアリがクジラを倒すようなもの。自分のスキルに合った仕事を取るのが最適。

 

儲かるセールスコピーライターの仕事の取り方

 

ということで段階別にセールスコピーライターとして仕事の取り方、つまり、稼ぐ方法をお伝えします。儲かるには、いきなり3000万稼ぐとか無理ですから、段階的に自分のセールスコピーライターとしての基礎を作っていきます

 

セールスコピーライターとして年商500万円の儲かる仕事の取り方

セールスコピーライターとして年商500万円に行くまでは、覚悟して仕事を取っていきましょう。この500万円までの道のりは、セールスコピーライターとしての下積み生活です。

泥水を飲まなければならないこともありますし、一筋縄ではいかないこともある。でも、この3つのポイントを押さえながら、徐々に仕事を増やしていってください。

千里の道も一歩から。あなたがセールスコピーライターとして実績を作る段階。その段階を、まずは歩き始めましょう。

 

ポイント1 超低価格か無料で仕事を請け負う

セールスコピーライターはお客さんから仕事が舞い込んできて、安売りしなくても仕事が入ってくる。そんなこともありますが、それは、トップセールスコピーライターのみ。

まずは実績を作るために超低価格か無料で仕事を請け負うことから始めましょう。「テスト的に私を使ってみませんか?」と飛び込み提案してみてください。

 

本当は、20万円くらいの仕事でも、1万円や無料で請け負うこともこの時期には必要なこと。ただし、無料や安く受ける時には、クライアントと目標を予め決めておきます。そしてその目標を達成したら、次回からは、正規料金で発注してもらうことを約束しましょう。

目標に到達すれば、ほとんどのクライアントが継続発注してくれるので、必死に頑張って1件でも多くレスポンスを取るようにしましょう。また、この時の実績をこれからの営業で使用させてもらうことも約束しておきましょう。

 

無料や値引きの条件として推薦文ももらうことを約束しておくべきです。これが後々のあなたのセールスコピーライターとしての実績として強みに変わっていくのです。

 

ポイント2 クラウドソーシングやSOHO向け求人サイトを使いこなす

クラウドワークスやランサーズなどの大手でセールスライター、コピーライターそして、ライターというカテゴリーで仕事を探しましょう。セールスライターやコピーライターの仕事だけではボリュームが少ないし、ライターの仕事の中でも、セールスライターやコピーライターの仕事があるからです。

ランディングページの仕事なども面白いので、ぜひやってみましょう。この段階で重要なことは、全てに広くネタをばらまくこと。

 

仕事はすることで名前が売れるし、知識や技術も身について行きます。毎日、できる限り多くの案件を手掛けてください。

この他にもSOHOビレッジや@SOHO、などのSOHO向けのサイトも仕事発掘の場です。

(参考:クラウドソーシング

 

ポイント3 集客や営業を勉強している中小企業の社長が集まるセミナーへ参加する

このセミナーに参加する人たちは、セールスライターにとっての「格好の獲物」です。他のどんな集まりよりも効率的にセールスコピーライターのあなたに興味を持ってくれるでしょう。

ただし、ガンガン売り込みをかけることは避けるべき。なぜなら、人は売込みをかけられることが大嫌いだからです。

 

セミナーに参加し続け、参加者や講師と仲良くなってください。それだけでOK。そうしているうちに、「広告を書いているんだよね。一回うちの広告を書いてみない?」といってもらえるようになります。

この3つのポイントを進めるうえで絶対に注意しておくたった一つのことは、社会人としてのルールとマナーを守ること。どんな人も、ルーズな人に仕事を任せることはありません。しっかりとした社会人になりましょう。

 

セールスコピーライターとして年商1000万円の儲かる仕事の取り方

 

セールスコピーライターとして年商1000万円を設けようと思うなら、専属契約のクライアントを増やしていきましょう。定期的に仕事をくれるクライアント、あなたを気に入って仕事を任せてくれているクライアントと専属契約をしてください。

契約内容は

  • クライアントの同商品、同業種の仕事は一切受けない
  • 定価より値引きして仕事を受ける
  • その代わりクライアントは毎月○本の仕事を発注する
  • 万が一依頼回数が下回ったら定価で請求する

 

このように、「あなたの会社をメインに仕事するから、仕事を確実にさせてね」という契約を結ぶべき。これで、あなたの収入は一気に安定します。

ほとんどの人がこの時点で1000万円が現実になります。もし、1000万円に届かないなら、500万円までで頑張ったステップ、クラウドソーシングやSOHO,そして、集客営業セミナーに参加することを繰り返してください。

 

まとめ

 

セールスコピーライターの仕事の取り方は難しいのでしょうか。ここまで読めばそんなことはないことが分かりますよね。実は、コピーライターの儲かる案件はそのあたりにごろごろ転がっています。

それを一つ一つ拾い上げて宝石に変えていく作業はあなたのこれからの行動にかかっているのです。まじめに取り組めば、簡単に1000万円は超えていくはずですから。

(参考:セールスコピーライターは食えない職業?稼げない闇を打破するテクニックとは

 

それでは、引き続き、コピーライティング生活、楽しんでいきましょう!

 

はじめてのコピーライティング 小比井 雷太

(参考:初心者ライターのコピーライティングとは、これだ!

 

追伸

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

普通の文章とコピーライティングのテクニックが詰まった文章。あなたが、文章を書く時、広告を書く時に、この違いを思い出したら、その広告の効果は倍増します。

その結果は、あなたの今後を大きく変えていくと言っても過言ではありません。道を知らずにWEBの森の中に突き進むより、知識を持って複雑怪奇な森に挑戦しましょう。ブログが乱立するネットの森を迷わず通り抜けるには、「知識を持つこと」、それが一番楽な道なのです。

 

ここまで読んでくれたあなたに最大級の無料プレゼント。コピーライティングのテクニックに埋め尽くされた私の師匠のLP(ランディングページ)をプレゼントします。スワイプファイルにするもよし、写経の原本にするもよし、そのまま講座を受けるのもよし。あなたの自由に使ってください。

 

最大級のコピーライティングのLPはこちら Sky’s The Limit

この私の師匠のLPで、大きく成長してくださいね。

 

<< ブログリンク >>

ありがとうございます。

この度、皆様の「ぽちっ」という応援のおかげでブログランキング、ブログ村の両サイトにおきまして「はじめてのコピーライティング」がコピーライティング部門で1位を頂きました。本当にありがとうございます。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です