ブログのキーワード選定は難しい?キーワードで検索数が上昇しない人へ

Pocket

こんにちは。

はじめてのコピーライティング 小比井 雷太です。

さて、ブログ記事を書いていくなら、キーワード選定をするのが一般的ですよね。先日、キーワード選定について、話を聞いていると、少し気にかかる話を聞いたので紹介します。

コピライ通信のメルマガ読者の方には、ある間隔でこの話をしているのですが、結構、勘違いをしている人が多くいるようです。恥ずかしながら、こうやって書いている自分も、以前はその一人でした。

 

ブログは、キーワードで検索数を伸ばすというのは、ブログでアフィリエイトしている人なら、すでにご存じのことかもしれません。ですが、このキーワードの使い方を間違えている人が少なからずいるのです。

キーワードは使い方を間違えるとブログの検索数を伸ばすことは難しくなります。あなたのキーワードの使い方、もう一度見直してみませんか?

 

ブログのキーワード選定方法

 

それでは、最初にブログのキーワードの選定方法をおさらいしましょう。Googleが提供するツールのみでログのキーワードを選定する方法は、大きく分けて5段階。その5段階とは、

  1. 絶対検索されるであろう言葉を選び、その言葉をGoogle検索にかけサジェストを見る。
  2. そのサジェストキーワードを、キーワードプランナーでキーワードのボリュームを確認し、10~100の物を選ぶ
  3. 選んだサジェストキーワードをクリックし、知恵袋、小町、無料ブログがあるものを探す。
  4. もう一度サジェストを探して弱いサジェストキーワードをサブキーワードとして設定する。
  5. このキーワード群をくっつけて魅力あるタイトルを作れるものを選ぶ。

 

これで、弱いところを攻めるキーワードが見つかります。つまり、検索上位に表示されやすいブログ記事を書くことが可能になるということ。

ここでブログ初心者が注意しておくポイントは一つだけ。それは、最初にあなたが考える「検索されるであろうと思う言葉をキーワードに設定しない」こと

 

なぜなら、あなたが思いつくキーワードは、多くのアフィリエイターがすぐに思いつくから。あなたがパッと思いつく見つけた言葉は多くの人がキーワードとしたい言葉。

だから、そのキーワードで記事を書いてしまうと、競合が多く存在することになります。だから、なかなかPVを集められない記事を作ることになってしまうのです。

 

ある程度ブログの運営歴が長くなり、記事数や検索数も多くなったブログなら、ブログ自体のパワーが大きくなっているので、そのようなキーワードでも検索上位に表示されます。ですが、初めて数カ月だと、そんな力がブログにないので、検索数が上がらない理由の一つ。

ただし、アドセンスで稼ぐなら、トレンドキーワードや季節ネタでPVを稼げます。でも、特化ブログだと、マネタイズから遠いキーワードは使わないので、商品を購入する意欲の強いキーワードに集中することになります。

それだけライバルの多くなるし、強い相手が集まるということ。こんな状況は避けたいですよね。

(参考:キーワードプランナーの使い方。無料で始めるための登録方法

 

キーワード選定が難しい人の特徴

 

キーワード選定が難しいという人の特徴は、3つのパターンがあります。この3つのパターンを説明していきましょう。

 

まず一つ目のパターンは、キーワード選定の方法を知らないというパターン。これは、知っている人にしっかり教えてもらい、実践していくことで克服できるようになります。

だから、他のパターンに比べ、一番修正しやすい間違いです。

 

次に2つ目のパターンは、キーワードの使い方を知らないという人。キーワードの選定方法は、ネットでもひらえるし、どこかの教材でもよく表示されています。

ですが、簡単なだけに、さらっと流してしまうことが多いのも事実。簡単であるからこそ、チェックすることが大切ですよね。

 

最後に3つ目のパターンは、キーワードの使い方を勘違いしている人。子のバターンにハマっている人が一番やばいです。なぜなら、自分で気付けないから。

前の二つのパターンなら、自分のキーワード選定の力が足りないことに気づいているので、伸びる余地があります。でも、このパターンにハマると、「自分は出来ているはずなのにアクセスが集まらない」となり、失敗の原因をキーワードの他に求めてしまい、根本原因に気づけなくなるのです。

(参考:キーワードプランナーで検索ボリュームが正確に表示されない時の対策

 

ブログのキーワードで検索数を上昇させる方法

 

それでは、実際にブログの検索数ををキーワードを使う方法についてお話ししましょう。

キーワードの選定方法は、冒頭でお話した通りなので、割愛しますね。他にも関連キーワード取得ツールを使ったり、goodキーワードを使ったりして集める方法もあります。

ですが、Google検索はGoogleに頼るのが王道、ということで今回はGoogle検索とキーワードプランナーのみでキーワードを選定する方法をお話ししました。他の方法は、また別の機会にお話しすることにしましょう。

 

さて、そうやって、集めたキーワードをどう使うかですが、まず、タイトルに盛り込みます。そして、冒頭文、見出し、見出し直後の記事に見出しと同じキーワードを盛り込みましょう。最後に、まとめで、盛り込んでおけば、記事内部のキーワード対策は完了です。

 

次に必要なのが、記事の裏で動いているプログラムにも盛り込んでいきます。これは、ソースを触る方法もありますが、初心者にも簡単にできる方法は、all in one SEOというプラグインを使う方法。

このプラグインを有効化し、記事でもキーワードを使うように設定しておけば、記事下に、キーワード(コンマ区切り)という項目が現れます。そこに、使ったキーワードを入力します。

 

ここで気を付けて欲しいのが、キーワードをそのまま入力し、区切りを半角のカンマ「,」にすること。このことに気付かずにキーワードを入力したと考えている人が非常に多いのです。

例えば、キーワードにスペースがあるのに続けて書いたり、カンマを句点「。」や読点「、」を使ったりしているのです。ひどければ、折角のロングテールキーワードを単語ごとにばらばらにしてしまっている人もいます。

 

これでは、折角のキーワードが台無しになってしまいますよね。表向きの記事内にキーワードを盛り込むことができていても、グーグルの検索ロボットに気づいてもらえなければ、効果は半減してしまうのは、明らかですよね。

(参考:キーワードプランナーの使い方!リサーチに役立つグーグルアドワーズ

 

まとめ

 

以上「ブログのキーワード選定は難しい?キーワードで検索数が上昇しない人へ」をお話してきました。キーワード選定は難しくなく、淡々とできる繰り返し作業。

それよりも、違和感なくタイトルや記事内部に盛り込むことと検索ロボットに気づいてもらうことが大切。応用的な話は、多く出ていますが、このような、基本的なことって、結構おろそかにされがちですし、間違って覚えている人も少なくありません

 

何事も基本が大切で、もしうまく行っていないようなら、基本を見直すことで、さらに飛躍することができるはず。あなたのブログを支えているのは、基礎、基盤です。大きな城を立てたいなら、城の侍従に耐えることができるだけの基礎固めをおくことが必要ですよね。

本日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。引き続き、コピーライティング生活、楽しんでいきましょう!

はじめてのコピーライティング 小比井 雷太

(参考:アフィリエイト初心者におすすめの始め方!wordpressで稼ぐ方法とは

Pocket

★★★★★★★★★★★★★★★★★
★─ メルマガはじめました。 ─★
★★★★★★★★★★★★★★★★★

   

小比井 雷太の
コピーライティング無料メルマガ
【コピライ通信】

いまなら、読者登録のお礼に、
【コピーライティング基礎講座】
【秘蔵のスワイプファイル】
などを無料配布中。

 

この機会に、ぜひ、ご登録ください。

→ 今すぐ【コピライ通信】
登録ページへ行く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です