キーワードプランナーの使い方!リサーチに役立つグーグルアドワーズ

Pocket

こんにちは。

はじめてのコピーライティング小比井 雷太です。

キーワードプランナーというものを聞いたことはありますか?実は、これ、本当にリサーチに役立つツールなんです。

 

キーワードプランナーは、グーグルアドワーズ(名称が変わり現在は「グーグル広告」となっています。)というグーグルで広告を出稿するための管理画面から使用することができる広告出稿のためのツール。このツールがコピーライティングをはじめ、アフィリエイトやブログ記事を書く時に役に立つのです。(登録ページはこちら

どういうことかというと、キーワードプランナーは、キーワードとして設定したい言葉の検索数や競合などを調べられるのです。だから、キーワードプランナーを使いこなすことは、一流のアフィリエイターへのファーストステップ

ということで、今日は、アドワーズのツールの一つ、キーワードプランナーの使い方をお伝えしますね。

 

キーワードプランナーとはリサーチに役立つツール

アフィリエイトでブログ記事を書いていても、誰も集まってこないことってありませんか?

それは、誰も検索しない単語をキーワードにおいて記事を書いていることが最大の原因。だから、検索される量が多い単語を記事にちりばめておくことが記事を検索してもらうために必要なのです。

 

そのために利用できるツールが、キーワードプランナー。他にもアラマキジャケとかあるのですが、情報量とその質が全く違います。無料と有料の違いでしょうか。

ともかく、一流のアフィリエイターはキーワードプランナーを利用していますので、今回はキーワードプランナーを紹介しますね。

 

キーワードプランナーは、広告を出稿するためのツールなので、リサーチしようとする単語(2語以上でもOK)どれくらいの検索がされているか、どのようなトレンドで検索されているか、どれくらいの競争率で広告されているのかがわかります。

つまり、キーワードプランナーは、

  1. キーワードの検索ボリューム(月当たりの検索数)が分かる
  2. 新しいキーワード候補が見つかる
  3. トレンドが分かる

とても便利なツールです。

 

ただし、使用開始当初は若干の機能制限があります。その制限を解除するには、次のようにすれば大丈夫。キーワードプランナーの機能制限を外して、最大利用しましょう。

 

キーワードプランナーの制限を解除し機能を最大利用する方法

キーワードプランナーはリサーチに役立つすごく便利な機能なのですが、いかんせん、広告のためのツールということで、制限が設けられています。普通に使用すると、検索ボリュームが月に100~1000のようにすごく大雑把な検索数となるのです。

この制限を解除すれば、検索ボリューム120件/月というように、もっと細かい数字が表示されます。月に100件と1000件では10倍も差がある。単純に言うとPVが100になるか、1000になるかの違いがあるのです。こんなに違う数字を並べられても困りますよね。

 

だから、制限を解除することが、キーワードのリサーチ効果を上げることにつながる。

そして、この制限の解除方法は、たった一つ。その方法とは、Googleの広告を月に200円利用することです。

 

何でもいいから、サイトを広告しましょう。ただし、欲を出して、アドセンス広告を張りまくっているページを広告すると、広告が「承認されない」、若しくは、「アドセンス広告が停止される」というリスクがあるようです。

だから、ペラサイトを一つ作って、広告するようにしましょう。この時、ASPからアフィリエイト商材をピックアップし、そのページを広告するようにすれば、売り上げも上がって一石二鳥ですよね。

 

ちなみに最近のグーグル広告はヤフーよりも出稿基準が甘くなっているので、審査が合格しやすくなっています。実際にこのようなページで広告出稿可能。作り込む必要は全くありません。

【出稿サンプル】>>skyticket スカイチケット 激安航空券購入

経費を安くしたければ、月に200円分だけ使って、広告を停止すれば、OK。その月の間はしっかりと、キーワードプランナーを最大利用することができます。

 

それでは、アフィリエイトにとって重要なリサーチについて軽くお話ししましょう。

(参考:初心者がブログでお金を稼ぐ!アフィリエイトブログサイトの作り方

 

リサーチに必要なこと

 

リサーチとは、読まれる記事を書くための準備を行うこと。そのリサーチに必要なことは、

  • あなたが売りたい商品がどんなものなのか。
  • その商品を買ったらどんなベネフィットがあるのか。
  • どんなお客さんがベストなのか。
  • そのお客さんは何を考えているのか。
  • どんなことに興味があるのか。
  • そのお客さんはどんな単語で検索するのか。

こんなことを調べることが、リサーチ。記事を書くことは、商品を訴求し、「買って!買って!」とアピールすることですが、そのための準備をすることがリサーチです。

 

商品を売るためには、PVの獲得が必要。そのためには、検索数の多い単語をキーワードとして設定しなければなりません。誰も検索しない言葉を書き連ねても、誰の検索にも引っかからないからです。

その、キーワードに設定したい言葉の検索数と競合数の把握のために必要なのが、「キーワードプランナー」なのです。

それでは、実際に、キーワードプランナーの使い方を説明しますね。

(参考:WEBライティング初心者ライターのためのリサーチ方法、厳選3選。

 

グーグルアドワーズの役立つツール、「キーワードプランナー」の使い方

 

キーワードプランナーはグーグル広告(グーグルアドワーズ)のツールなので、グーグル広告から入ります。キーワードプランナーとか、グーグル広告、アドワーズと検索すると、すぐにヒットします。

最初は、順に入力して、グーグル広告のアカウント登録をしていきましょう。広告を掲載するような流れになりますが、後からいつでも停止できるので、気にすることはありません。

 

最初はいろいろ登録しないといけませんが、相手はGoogleなので、個人情報が・・・、とかいう心配は全くありません。なので、次々入力していってください。そうすると、最終的にこの画面に到達します。

 

上の段にある工具の絵のツールをクリックすると次の画面が開きますので、そこからキーワードプランナーを選びます。

 

そうすると次の画面になりますので、キーワードプランナーに移動をクリック。

 

すると下の画面が開きます。この画面になったら、ブックマークしておきます。

また探すのは大変ですからね。

これで、左の「新しいキーワードを見つける」をクリックすと、入力できるようになるので、調べたいキーワードを入力してリターンキー。

そうすれば、検索ボリュームなどが表示されます。

広告でお金を使っていなければ、数字は、100~1000のような表記になってしまいます。上の図ように、キーワードプランナーで、細かい数字を表示させたければ、広告で、月に200円以上使っておけば表示されるようになります。

競合も高・中・低でランク分けされているので、自分のサイトの強弱を考えながら戦略を立てられるので、とっても役に立つリサーチツールですよね。

(参考:キーワードプランナーの使い方。無料で始めるための登録方法

 

まとめ

以上、「キーワードプランナー!リサーチに役立つグーグルアドワーズの使い方」をお送りしました。キーワードプランナーは、Googleもこちらで説明していますので、参考にしてください。

キーワードプランナーの利用は、アフィリエイターのファーストステップ。ここで、200円をケチるようでは、2000円、2万円は獲得できません。よく考えてみてください。プロのスポーツ選手は最高の道具を利用します。大学受験にしても、無料の冊子ではなく、お金を出して、問題集を買って勉強しますよね。

 

「無料で、いつまでも」では、プロにはなれないのです。最低限の投資はあなたのビジネススキルを伸ばすために、必要な事ではないでしょうか。キーワードプランナーを最大利用して、リサーチをしっかり進めて売れるアフィリエイターに向かって突き進みましょう。

それでは、引き続き、コピーライティング生活、楽しんでいきましょう。

小比井 雷太

Pocket

【感謝】皆様のおかげで、1位とれました!

ありがとうございます。

この度、皆様の「ぽちっ」という応援投票のおかげでブログランキング、ブログ村の両サイトにおきまして「はじめてのコピーライティング」がコピーライティング部門で1位になりました。本当にありがとうございます。この記事が良かったら、ぜひ、クリックして応援、よろしくお願いいたします。。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ネーミング・コピーライティング

(参考:初心者ライターのコピーライティングとは、これだ!

★★★★★★★★★★★★★★★★★
★─ メルマガはじめました。 ─★
★★★★★★★★★★★★★★★★★

   

小比井 雷太の
コピーライティング無料メルマガ
【コピライ通信】

いまなら、読者登録のお礼に、
【コピーライティング基礎講座】
【秘蔵のスワイプファイル】
などを無料配布中。

 

この機会に、ぜひ、ご登録ください。

→ 今すぐ【コピライ通信】
登録ページへ行く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です