初心者必見!コピーライティングの真実の意味、その秘密に迫る!

Pocket

こんにちは。

はじめてのコピーライティング 小比井 雷太 です。

あなたは、コピーライティングの真実の意味を知っていますか?

アフィリエイトやブログでもてはやされていますが、その意味、コピーライティングの真実の姿とはどのようなものなのでしょうか。

コピーライティングの意味を通じてその秘密を覗きに行きましょう。

コピーライティングの意味

 

 

コピーライティングとは、コピー(=広告)とライティング(書くこと)です。

直訳してしまうと、広告を書くことです。

ですが、コピーライティングとはそんな浅い意味だけでしょうか。

実は、コピーには広告の外に、写すという意味も含まれているのです。

また、翻訳サイトWebloを見てみると、原稿、新聞種、題材、という意味があり、最後に広告文と続きます。

つまり、広告という意味以外にも多くの意味を持っている言葉なのです。

写すというところから、商品をそのまま写すという意味にとってしまうかもしれませんが、そうではありません。

原稿という意味もあるので商品をそのまま写すのはコピーライティングではありません。

新聞種・ニュースという意味からわかるように、最新情報を盛り込まなければいけないでしょう。

また、題材という意味からは、インパクトがあり、見る人の目を惹きつけるものとも判断できます。

これら、数々の意味を突き合わせてコピーライティングという言葉を改めて見てみると、コピーライティング、その意味がぼんやりでも見えてきますよね。

2つのコピーライティングの意味

 

 

ところで、あなたはコピーライティングにつの意味があるって知っていましたか?

まずは、売り込みをかけるセールスコピーライティング。これはダイレクトに商品を売るための営業コピーです。

もう一つはイメージコピーライティング

イメージコピーライティングはその名の通り、イメージを作ることが先行します。

実際に商品が売れるようなコピーをつくるのではなく、商品やブランドのイメージアップを図るという使い方をします。

成果を計測することがすごく困難なので、結果を探求するのには、耳を傾けてくれた人の人数すら把握できないのです。

セールスコピーライティングとイメージコピーライティングは兄弟のようでも似ているところが少ない双子なのです。

コピーライティングでのテストの意味

 

 

コピーライティングではABテストを重視します。何故ABテストを重視するか、その意味、あなたが知っていますか?

ここで言う、ABテストとは、2種類の案件を二つ並べ、どちらの方が効果が高いかテストする方法。

コピーライティングの場合では、2つコピーができた時に同じ条件で2つとも世間に公表してどちらの方が成約率が高いかテストする手法のことを指します。

このABテストの効果を例題で見てみましょう。

あなたが、ニキビ用石鹸のアフィリエイトをしようとしてコピーを作ったとします。試行錯誤の上作り、最終的に2種類に絞られました。

そこで、この2種類を同条件で出稿した(広告を世間に流した)結果、コピーA,Bそれぞれの成約率は2%、1%です。

webで一日に100人の人に広告するとして、ニキビ用石鹸のアフィリエイト報酬が1個4000円の売り上げとして計算してみましょう。

コピーAの場合、1日の売り上げは

4000円 x 100人 x 1% = 4,000円 です。

コピーBの場合、1日の売り上げは

4000円 x 1000人 x 0.5% = 2,000円 です。

一日の差は2千円ですね。これは「たった2千円」、ではないのです。

1年にすれば、2千円 x 365日 = 730,000円 です。

間違って広告Bを出稿したら、1年でこんなにも損をすることになるのです。 

テストの意味、大切ですよね。あなたもしっかりとテストを進めていきましょうね。

一度作ったコピーも、ブラッシュアップしていれば思わぬ収入につながることになるかもしれませんよ。

 

コピーライティングに意味を与える4パターンの秘密

 

 

コピーライティングはコピーを作ることです。

その作られたコピーに命を与え、生き生きとして、読み手を魅了する。

コピーにそんな意味を与える4パターンがあります。

その秘密に迫ってみましょう。

コピーライティングの意味は読み手に次を読ませること

 

 

コピーの目的は次の文章を読み手に読ませることです。

なぜなら、読んで貰えないコピーは、ただの文字の羅列、きれいな画像でしかないから。

だから、次を読ませる方法をいろいろと盛り込んでいくことが、コピーライティングの意味になります。

ちょうど子供がすべり台に乗って止まらずに最後まで滑るのと同じです。

最後まで引っかからず、スイーッと風を切って滑っていくすべり台はとても気持ちいいですよね。

ですが、途中で引っかかったら、フラストレーションがたまるだけ。まったくつまらないすべり台ではないでしょうか。

だから、あなたのコピーが気持ちいいすべり台になるようにしなければなりません。

読み手が次の文章にうまく流れて読んでくれるかどうか。

それは、読み手に興味を持ち続けさせることであり、それこそが重要な意味なのです。

コピーライティングの意味は読み手にベネフィットを伝えること

 

 

コピーライティングでは、ベネフィットを伝えることが重要な意味になります。

読んでて、得られるものがなければ、読み手はすぐ離脱。そしてあなたの記事には閑古鳥が舞い降りる。

そんなことを起こさないために、読み手のベネフィットを伝えていくことがコピーライティングの意味につながります。

ここで言うベネフィットとは、読み手が得られる利益のこと。詳しくはこちらに書いています。>>ベネフィットとメリットとの違いとは!

読み手は、あなたのコピーを読むことに価値を感じるからこそ読むのです。

ここにベネフィットがあると思うからこそ読むのです。

だから、最大限に読み手のベネフィットを綴って記事を作り上げていきましょう。

コピーライティングの意味は読み手に行動することを訴えること

 

 

コピーライティングの最終目標の意味は読み手に行動を起こさせることです。

読み手に、商品の購入やメルマガの申込、セミナーへの参加のためのクリックなど、あなたが求める決断をさせなければ、そのコピーの存在価値はゼロ。

反対に、読み手に決断させるからこそ、コピーに意味が生まれ、その存在価値を無限に広げるのではないでしょうか。

だから、行動させるために、1クリックで申込できるようにしたり、記入項目を限りなく減らしたりして、読み手の負担を減らすべきなのです。

これで、コピーのクロージングでは、情報を取ることより、決断させることが大切なことが分かりますよね。決断させた後から読み手の情報をとればいいのですよね。

まずは、決断させることを重視する。それが、コピーライティングの意味、そして、存在価値です。

コピーライティングの意味は答えを伝える

 

 

読み手が疑問に思っている事、感じている事、その答えを伝えることで、そのコピーライティングに意味が生まれます。

なぜなら、読み手は検索した結果あなたの記事にたどり着いているからです。

これは、webでも紙の媒体でも不変。

webなら、検索エンジンやネットサーフィンでたどり着くだろうし、紙面なら、興味があるからそのコピーを手に取って読むのです。

興味がなければゴミ箱にポイッ。

あなたもそうですよね。

読み手の興味を引くためには、疑問に思っている、その答えが目の前のコピーの中にある、そう思わせること。

それが、コピーライティングの意味なのです。

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。

コピーライティングをいろんな角度から見てみると、さまざまな意味が浮かび上がってきますよね。

こんなに多くの意味をもったコピーライティングですが、最終目的は一つ。

お客様に笑顔になってもらうこと。

商品を買う人も、広告の依頼主も、あなたの広告を読む人もみんなが笑顔になるコピーライティングが最高です。

そんな笑顔になるコピーなら、きっと、結果が自然とついてくるでしょう。

コピーライティング、その真実の意味はスキルやテクニックを超えたそんなところにあるのかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 はじめてのコピーライティング 小比井 雷太

 

追伸

あなたが、文章を書く時、広告を書く時、この違いを思い出したら、その広告の効果は倍増します。その結果は、あなたの今後を大きく変えていくと言っても過言ではありません。

道を知らずにWEBの森の中に突き進むより、知識を持って森に挑戦しましょう。ブログが乱立するネットの森を迷わず通り抜けるには、知識を持つこと、それが一番楽な道なのです。

ここまで読んでくれたあなたに最大級の無料プレゼント。コピーライティングのテクニックに埋め尽くされた私の師匠のLP(ランディングページ)をプレゼントします。スワイプファイルにするもよし、写経の原本にするもよし、そのまま講座を受けるのもよし。

最大級のLPはこちら Sky’s The Limit

この私の師匠のLPで、大きく成長してくださいね。

 はじめてのコピーライティング 小比井 雷太

 

 

<< ブログリンク >>

人気ブログランキングへ

ブログランキング ブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です