女性誌、ファッション誌の雑誌キャッチコピーが面白いから、まとめてみた

Pocket

こんにちは。

はじめてのコピーライティング 小比井 雷太です。

ちょっとネットサーフィンをしていたら、結構笑える面白いキャッチコピーがいっぱいあったので、その女性誌やファッション誌で踊っている面白いキャッチコピーをまとめてみました。

息抜きがてら見ていきましょう。もしかすると思いがけない発見があるかもしれませんね。

 

今の自分の
ままで
モテたい

CanCan3月号

表紙タイトルになっているキャッチコピー。「できる範囲でいいから、努力してみれば?」という突込みが入りそうなキャッチコピーですよね。

少し驚いたのが、年齢が言っている人ほど「ありのままで」ということに反対している人が多いという事実。CanCan読者が現実に疲れているとみるのも一つありますが、年齢を重ねることに納得できない熟年層という姿も垣間見える反応です。アンチエイジング化粧品がよく売れるのもこんなところにあるのかもしれません。

 

この、「いつか白馬の王子様」という願望は根強くあるようで、雑誌の鉄板キャッチコピーです。もしかすると、「いまのままで」も「ある日、突然」のシンデレラストーリーが降ってくるという期待を込めているキャッチコピーかもしれません。

ですが、「努力はしましょう」。つまづいても、こけても、失敗しても、いいから、努力はした方がいいと思いませんか?

 

28歳、おしゃれも人生も
一生ヒロイン宣言

SWEET2月号

女性誌鉄板キャッチコピーのアレンジ版。どんな女性でも、誰が何と言おうとも「一生ヒロイン」なんですね。この本をコンビニで見た時に、ちょっとエッチな本を買うくらい恥ずかしいのでは?と思うのは年を言ったせいなのでしょうか。

とはいえ、このパターンのキャッチコピーも「いつか白馬に乗った王子様」が迎えに来てくれる願望が色濃く出ている優秀なキャッチコピー。ドンズバの28歳の女性は心を貫かれて思わず手に取ってレジに並んでしまう姿が想像できますよね。

 

いろんな場所で、あらゆるシーンで
幸せを
つかめる顔

美的12月号

メイクの情報誌の「美的」ですが、いつも、直球で勝負をかけてきます。いつかどこかで幸せをつかみたいとシンデレラストーリーを夢見ている女性には、いつでもどこでも幸せをつかめるといっているのだから、真正面から向かってくるキャッチフレーズ。

とにかくその幸せをつかみたい女性に外れようがない素晴らしいキャッチフレーズ。自己アピールメイクをするような自分で幸せをつかもうとするキャリア女性は対象でなく、ふわっとシンデレラを夢見ている女性がターゲットのキャッチフレーズですね。

いつまでも
「夢見る女子」で
いよう!

STORY 2008年12月号

女性はいつまでも「夢見る女子」でいたいということが如実にアピールされているキャッチフレーズ。とても明確でわかりやすいメッセージです。

現実的で夢のかけらもない凍えるほど冷え切っている人よりも、いつまでもキラキラと目を輝かせている人の方が魅力的なのは、古来からの普遍的な事実です。

 

この春こそマスターしませんか?
今日も素敵!を確約する
「美人グラデーション」

Precious(プレシャス)3月号

確約という言葉は基本的にNGワード。なぜなら、効果が出なかったら責任問題になるからです。女性誌ならではの、ぶった切りワードです。

女性誌のキャッチコピーはふつう「ふんわり」とシンデレラストーリーを醸し出すのがセオリー。ですが、このキャッチコピーはそんな中ふんわり系から脱却したコピーに仕上げています。

いつもない言葉を投げかけられると、意外性がうまれるので、読者の注意を惹くことができます。女性誌から縁遠いビジネス系の言葉を使っていくことで、普段と違う自分を創り出すことに重ね合わせて考えさせるので読み手に魅力的な言葉になります。

 

おしゃれも防寒もゆずれない!
”あったかxこなれ”
新セオリー誕生

oggi2月号

「セオリー」という単語は、女性誌頻出単語ですが、日常会話には一切出てこない単語であるところがポイント。セオリーのスペルが分からなくても、由来を知らなくても、どこの国の言葉かわからなくても、何度も出てきているから何となく意味が分かるから大丈夫。

感覚的にわかる言葉を使っていくことが重要であるということを示しているのがこのキャッチフレーズです。

 

真冬の買い足し
総選挙

JJ2月号

「総選挙」というキーワードを見たら湧くイメージは一つ。国会の総選挙もさることながら、AKBなどの総選挙に引っ掛けてバーゲンに結びつけた最高のキャッチフレーズです。

雑誌が出るタイミングは12月。クリスマスから年末年始のバーゲンセールを目前に、出版されただけあって、購入意欲を高めるキャッチフレーズになっているところが優秀ポイントですね。

 

おしゃれの
「秋活」はじめよう!

with10月号

「シューカツ」を「秋活」とかけたキャッチコピー。発売の時期は真夏だけれど、もう「秋」に向かって準備を始めているのが女性です。

サブキャッチは「夏服にはもう、飽きました」とあります。飽きたと秋をかけているオヤジギャクの世界ですよね。

実は、女性誌にはオヤジギャグのようなダジャレを利用したキャッチフレーズが多く使われているのです。それを納得づくでその雑誌を買う女性たちはオヤジギャクに響いているのかもしれませんね。

 

まとめ

 

女性誌やファッション誌のキャッチコピーは宝の山です。なぜなら、コピーライティングの勉強ができるだけでなく、女性の興味、女性の悩み、女性の想いが綴られているからです。

コピーライティングは教科書的な勉強をするだけでなく、身の回りにもテキストは転がっているのです。周りに目を配って、自分の知識、スキル、そしてコピーライティングの経験値を上げていきましょう。

それでは、ひきつづき、コピーライティング生活、楽しんでいきましょう!

 

はじめてのコピーライティング 小比井 雷太

(参考:初心者ライターのコピーライティングとは、これだ!

 

追伸

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

普通の文章とコピーライティングのテクニックが詰まった文章。あなたが、文章を書く時、広告を書く時に、この違いを思い出したら、その広告の効果は倍増します。

その結果は、あなたの今後を大きく変えていくと言っても過言ではありません。道を知らずにWEBの森の中に突き進むより、知識を持って複雑怪奇な森に挑戦しましょう。ブログが乱立するネットの森を迷わず通り抜けるには、「知識を持つこと」、それが一番楽な道なのです。

 

ここまで読んでくれたあなたに最大級の無料プレゼント。コピーライティングのテクニックに埋め尽くされた私の師匠のLP(ランディングページ)をプレゼントします。スワイプファイルにするもよし、写経の原本にするもよし、そのまま講座を受けるのもよし。あなたの自由に使ってください。

 

最上級のコピーライティングのLPはこちら Sky’s The Limit

この私の師匠のLPで、大きく成長してくださいね。

 

<< ブログリンク >>


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です